音色を通して語るピアノ、そしてバイオリン

被爆した明子さんのピアノとパルチコフさんのバイオリン、74年の年月を経て音色を通して、今を生きる人々とどう対話するのでしょうか。

ブラジルでのたゆまぬ努力が実って

「明子さんのピアノ」と対面!

2019年夏「平和と音楽の船旅~明子さんの被爆ピアノとともに」

〜ルシアさんとの出逢い〜@ウルグアイ

淳子さんと、思いやりの心

ブラジルに生きるヒバクシャ~渡辺淳子さんを迎えて~

ブラジルに生きるヒバクシャ~渡辺淳子さんを迎えて~

皆さん、こんにちは。ピースボートの野口香澄です。4月1日に第100回クルーズが帰港し、その後1週間は渡辺淳子さんの証言会ツアーが行われましたので、ご報告します!渡辺淳子さんは現在ブラジルに住んでいる淳子さん。日本にも年に1…

イベント報告「2019年、核兵器をなくすためにあなたができること」@長崎

イベント報告「2019年、核兵器をなくすためにあなたができること」@広島

ブラジルに生きるヒバクシャ〜在ブラジル被爆者渡辺淳子さんを迎えて〜

第99回クルーズの帰港後、記者会見を行いました!@横浜

「明子さんのピアノ」と対面!

広島で19歳のときに被爆して亡くなった米国生まれの河本明子さんが愛用していたピアノ「明子さんのピアノ」。とうとう、スタッフが対面してきました! 明子さんのご家族 右が明子さん 「明子さんのピアノ」の現在の持ち主である二…

人類が兵器を持たない日。@サモア

「手を繋いで」@タヒチ

第100回クルーズ おりづるプロジェクトが帰ってきました…

核廃絶を諦めない@チリ

プロジェクトに賛同している方々

撮影:水本俊也

おりづるプロジェクトは広島県・長崎県の後援で活動をしています。

また、ピースボートはICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の国際運営団体の1つなので、おりづるプロジェクトはICANの活動の一環でもあります。

過去10年間の活動の中で国内外多くの方々から活動にご賛同いただいております。

俳優の吉永小百合さんからは「皆さまの思いをしっかりと受け止め、私たちも行動していきます。」とコメントを頂いております。

他にも女優の東ちづるさん、小説家の海堂尊さん、作家の鎌田實さん・・・・からも賛同を頂いております。

海外ではローマ法王はじめ、政府関係者、ノーベル平和賞受賞者など多くの方々からもご賛同を頂いております。

 

★第1回おりづるプロジェクト「ヒバクシャとボクの旅」予告編(2008年)

★第5回おりづるプロジェクトドキュメンタリー(2012年)

★第8回おりづるプロジェクトドキュメンタリー「I Was Her Age」(2015年)

★第8回おりづるプロジェクト製作「ナガサキの唄」(2015年)

 

Instagram @hibakusha_global follow*

PAGE TOP