第1回~第10回おりづるプロジェクト

第5回証言の航海報告会@広島!

今年1月から5月にかけて航海した第75回ピースボート地球一周の船旅で行われた第5回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海(通称:おりづるプロジェクト)」の報告会を広島で行いました。

会場には、広島被爆した第5回おりづるプロジェクト参加被爆者の皆さん、過去におりづるプロジェクトに参加した被爆者の皆さん、今回のクルーズに乗船していたおりづるパートナー、そして一般の方々約30名が集まりました。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
報告会の様子

ピースボート共同代表の川崎哲からこのプロジェクトの意義、第5回おりづるプロジェクトの担当スタッフとして乗船した上泰歩からクルーズを通しての成果や証言交流の様子を説明し、第5回おりづるプロジェクトの参加被爆者である李鐘根さん、松長静子さん、中村博さん、石川律子さんがそれぞれ感想を述べました。

そして、船内でおりづるパートナーとして活躍していた神田ゆうき君がおりづるプロジェクトに関わって今何を考え、行動しているのかを発表してくれました。神田くんだけでなく、日本全国からおりづるパートナーたちが集まってくれました!

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
おりづるプロジェクトに関わった時のこと、現在の活動を報告する神田くん

その後は小さなグループになって第5回おりづるプロジェクト参加被爆者の方々に直接質問したり話をしてもらいました。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
みなさん大変真剣に話しておられました

最後に川崎から今後のおりづるプロジェクトについて報告がありました。

内容は、

1.今回船上で行われた中東非核地帯会議の成果として、9月に核保有国で核兵器に対する賛成世論の根強いイスラエルに被爆者を派遣し証言会を行うこと。

2.12月初旬に脱原発クルーズPEACE&GREEN BOATを出すこと。アジアの原発立地地域などを訪れ、原発のない東アジアについて考えることがテーマ。

3.来年の後半に第6回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」を行うこと。

の3点です。

夜にはおりづるプロジェクトに関わった人たちが集まって交流会を行いました!
第1回おりづるプロジェクトの参加者から水先案内人として乗船されていたキャスリン・サリバンさんまで、おりづるプロジェクトのこと、今の自分のこと、核廃絶の活動のことなど様々な話題で盛り上がりました。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
アメリカから来日した核軍縮教育家のキャスリン・サリバンさん(左)と石川律子さん(右)

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
交流会での集合写真

地球規模で核や平和について考え繋がっていく、おりづるプロジェクトのユニークさやその意義について考え、これからもずっとこの繫がりが広がっていく重要性を改めて感じた1日でした。

(サポートスタッフ 坂口理香)

関連記事

  1. 8月6日ヒロシマ国際対話集会
  2. 神戸大学「被爆者の『語り』を考える」 参加者の感想
  3. ヒバクシャから核廃絶を呼び掛けるラッド首相への手紙
  4. シンガポールの高校生と真剣に意見交換
  5. 田上長崎市長と面会、帰国報告をしました。
  6. 8月6日 高知新聞にてユースの浜田あゆみさんが紹介されています!…
  7. サンクトペテルブルグ:生き抜いた誇りを分かち合う
  8. 情熱の国で300人の学生と長崎ぶらぶら節 in スペイン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP