参加者のその後の活躍

南方留学生の被爆を継承する新見博三さん@中国新聞

11/14の中国新聞に、第2回のおりづるプロジェクトの参加者である新見博三さんが「南方留学生の被爆 継承」の活動で広島大学から表彰されたという記事が出ていました。

南方特別留学生とは、戦時中に東南アジアの優秀な学生らが国費で留学生として来日していた制度で、第7回のおりづるプロジェクトでは、そのような留学生の一人で広島で被爆し後にブルネイの初代首相になったペンギラン・ユスフ氏を訪ねました。現広島大学には多くの南方留学生がいたということです。

今回表彰された新見さんは、「平和とは何か、若者が考えるきっかけになる活動を続けたい」と話していらっしゃいます。

ピースボート 渡辺里香

関連記事

  1. 長崎の本村さんカザフスタンで訴える!
  2. 第4回おりづる参加者深堀さん 読売新聞「平和を願う」に掲載されま…
  3. 被爆者としての想い@女性のひろば
  4. 「新安保法案に一言 国民目覚める好機」過去乗船者:宮田隆さん
  5. 長崎で語る、『伝えるということ』
  6. おりづるプロジェクト参加者その後の活躍
  7. 橋爪文さん 「広島から日本のみなさん、世界のみなさんへ」
  8. 11/1 ICANノーベル平和賞・受賞記念企画 今こそ聞こう被爆…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP