参加者のその後の活躍

広島の田中稔子さん:自宅を「平和交流スペース」に!

第1回おりづるプロジェクトにヒバクシャとして参加していただいた、広島県の田中稔子(たなかとしこ)さん。これまで国内外で被曝証言を続けてきました。
しかし海外へ出向くことが体調面から難しくなり、地元から核兵器廃絶を願う輪を広げるために、自宅を改築して「平和交流スペース」をつくりました。

            (写真:広島平和メディアセンターより)

交流スペースでは、七宝作家としても活躍する田中さんの20代からの作品が飾られています。

「アートな空間で一緒に時間を過ごし、優しさを感じ合えば争いは防げるのでは」。そう期待し、国内外から訪れる人や市民と思い出を共有。七宝焼を作ったり、要望があれば被曝証言もしている。

開放時間は月(第一月曜日を除く)、金、土、日の午前11時~午後3時です。

広島にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください^^

広島平和メディアセンターのウェブサイトにも掲載されています☆ぜひご覧ください!
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=57888

ピースボートインターン 渡邊まあり

関連記事

  1. 橋爪文さん 「広島から日本のみなさん、世界のみなさんへ」
  2. 初めて証言を聞いて 見方が変わった「青い空」
  3. おりづる被爆者の山下泰昭さんが記事になりました!
  4. 笹森恵子さんを囲む会を広島で開きました
  5. メキシコで被爆者・高校生と証言活動を行いました
  6. 宮田隆さん、「長崎県文芸大会」に入賞
  7. 南方留学生の被爆を継承する新見博三さん@中国新聞
  8. マリア像を題材に原爆の恐ろしさを描く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP