2.ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)

ノーベル平和賞!「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」が受賞!

こんにちは。

ピースボートスタッフの野口香澄です。

10月6日(金)にてピースボートセンターとうきょうにて、ノーベル平和賞の受賞の瞬間をパブリックビューイングで行われました。

報道陣も多い中、被爆者の三宅信雄さん、天野文子さん、小谷孝子さん、ヒバクシャ国際署名キャンペンリーダー林田光弘さん、水先案内人の東ちづるさんが来ていただき、一緒に受賞の瞬間に立ち会いました。

※受賞の瞬間の様子

ノーベル平和賞は「核廃絶国際キャンペーン(ICAN)」が受賞しました。

長年、おりづるプロジェクトの証言活動にも関わり、ピースボート自体も、ICANの賛同団体として関わりがあります。

今までピースボートに関わっていただいた皆様の努力と活動がこのような受賞に繋がりました。

おりづるプロジェクトとして10年間、そしてその前から核廃絶のための活動をしてきた皆様、本当におめでとうございます。

受賞の瞬間を立ち会えた、天野文子さんは「生きていて良かった。」と気持ちを表現されました。

被爆者の方々にとって、この表現ほど、重みのある言葉はないのでしょうか。

※天野文子さん

この受賞は、皆様の受賞です!

そして、各メディアにも大きく・多く取り上げられました。

※10/8朝日朝刊 社会面

※10/8東京朝刊 1面

※10/7日経夕刊 1面

※朝日新聞号外(ネット)

受賞した皆様、本当におめでとうございます。

これからもおりづるプロジェクトをよろしくお願いいたします。

ピースボート 野口香澄

関連記事

  1. メディアと福島の子どもたちの声
  2. ピースボート長崎宣伝部隊からの報告①
  3. 【報告】「はだしのゲンが見たヒロシマ」上映会@横浜に行ってきまし…
  4. 8月8日おりづる交流会@長崎
  5. イベント報告「ヒバクシャはもう増やさない~広島・長崎の被爆者の想…
  6. 10月17日、ニューヨークで中高生向けの証言会が開かれます。トル…
  7. 広島で平和賞サミットが開幕 「核兵器のない世界」議論
  8. ブラジルのニッケイ新聞にピースボート共同代表川崎哲のコメントが掲…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP