ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)

ICANノーベル平和賞受賞を広島のみなさんにご報告

10月26日、ICANのノーベル平和賞受賞の後、初めて川崎哲が広島を訪ねました。

 

そこで、記者会見、松井広島市長への表敬訪問、広島平和文化センターの小溝理事長との面会を行いました。

 

広島、長崎の被爆者のみなさんと、その方々をサポートしてきたみなさんがあきらめずに語り続けてくださったお陰で今回の受賞があったことを報告しました。

 

そして、この受賞が「核兵器廃絶に向けての動きを強めてくれ」という世界からの後押しであると考え、ますますの協力を約束しました。

市役所での記者会見

 

松井市長への表敬訪問

 

平和文化センターの小溝理事長との面会

 

広島のNGOのみなさんと

 

 

お陰様で、たくさんのメディアにも注目して頂き、広島のみなさんと一緒に喜びを分かち合いました。

 

▼テレビ新広島

「ノーベル平和賞受賞 「ICAN」川崎哲さん 被爆者と交流」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000004-tssv-l34

 

▼毎日新聞

ノーベル平和賞 ICAN川崎さんが広島訪問」

https://mainichi.jp/articles/20171027/k00/00m/040/163000c

 

▼NHK ニュースウォッチ

 

ピースボートスタッフ 渡辺里香

関連記事

  1. ICANの展示に広島・長崎の遺品
  2. 99おりづるプチ同窓会@広島
  3. 峠三吉とノーベル賞@10/29北海道新聞より
  4. ICANノーベル平和賞受賞式パブリックビューイング@ピースボート…
  5. 広島が今後も核軍縮・不拡散の発信地で有り続けるために
  6. ピースボート広島宣伝隊からの報告①
  7. ICANノーベル平和賞受賞記念 オスロ7日間の旅②
  8. 8月8日 核兵器と安全保障を学ぶ広島-ICANアカデミー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP