おりづるプロジェクト2017

ピースガイド養成講座〜核のない世界に向けて〜

みなさん、こんにちは。

ユース特使の浦田沙緒音です。

 

今回は、おりづるピースガイドについてお話ししたいと思います。

 

前回のクルーズから始まった「おりづるピースガイド」養成講座は、核兵器の被害に関する基礎的な知識を得て、核のない平和な世界に向けた課題について理解をし、ピースガイドとして、他者に発信する活動をしていくための養成講座です。

このピースガイドは、被爆者の方の被爆体験を丸ごと語り継ぐのではなく、自身が得た知識と直接被爆者の方から聞いた証言をもとに、自身の言葉で被爆体験の継承を行っていくものです。

 

養成講座は「講習」(以下参照)および「課題」のふたつの要素によって成り立っています。

 

講習1:オリエンテーション・原爆について

講習2:核兵器について

講習3:木村徳子さん聴講(被爆証言)

講習4:木村徳子さん聴講(質疑応答、映像)

講習5:浦田沙緒音聴講(活動する若者紹介)

講習6:広島・長崎について

講習7:原発・福島問題について

講習8:おりづるプロジェクト・国際署名について

以上の講習を全て受講し、課せられた面談を通過するとピースガイドとして認定されます。

 

今回、おりづるピースガイド養成講座を受講された方は40名を超え、全8回を修了して面談にも通過、ピースガイドに認定された方は32名おり、非常に多くの方が受講してくださいました。

 

30分弱の面談のなかで、木村さんの被爆体験のお話とともに、今回学んだことも踏まえながら筋道立てて人に伝えるというのは、なかなか難しいかと思いますが、みなさんそれぞれ学んだことをまとめ、その結果認定となったようです。

そんなピースガイドの過程を、写真とともにお伝えします。

 

※ピースガイド募集説明会のようす

 

※木村さんより一言いただきました

 

※原爆についての基礎知識の講習

 

※木村さんのお話

 

※長崎の被爆遺構について木村さんに訊く

 

※面談のようす

 

※ピースデーへの準備

 

※修了式のようす

 

※修了証の贈呈

 

※ピースガイドになられた方々に向けて

 

※ピースガイドになったみなさんと

 

 

こうした取り組みが広がって、この問題について考え、発信する人たちが草の根で広がっていくことが、核兵器を無くす上で重要だと思います。

 

おりづるユース 浦田沙緒音
ピースボート  佐久間高志

関連記事

  1. 平和と友好の国@ニカラグア
  2. 平和について考える日
  3. 船内での活動を振り返って
  4. 国という枠を越えて社会のために@ニューヨーク
  5. ヒバクシャの想い、海外に広がる。@アイスランド
  6. 革命の地で核廃絶を訴える。@キューバ
  7. 14万羽の折り鶴を生み出す国@スコットランド
  8. 記憶のない被爆証言@フランス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP