おりづるプロジェクト2018

パース2日目 ノートルダム大学での交流会&シンポジウム

1/25、フリーマントル(パース近郊の港)二日目はノートルダム大学で交流会とシンポジウムを行いました。

 


 

 

前日に引き続き、日本とオーストラリアのヒバクシャが体験や思いを共有しました。

 

「子どもたちのいない村。若いひとのいない村。そんな村にこれからの発展はない。でも、若い人たちやこどもは村に戻るべきではないと思う」そう語る長谷川さんのうしろに、どれほどの想いがあるのか、計り知れません。

酪農を営んでいた長谷川さん。

被曝者になるなんて思いもしなかった長谷川さん。

いま、私の目の前で語る、ある日被曝者になってしまった長谷川さん。

どうして長谷川さんは被曝者にならなければいけなかったのか、そう考え始めると本当にやるせなくなりました。

 

 

そしてこの交流会の後、キャンパス内の教室でシンポジウムが行われました。

このシンポジウムでも様々なヒバクシャが体験や想いを述べて下さいました。

 

三宅さんの被爆証言と、今後の核兵器禁止、核兵器廃絶への期待を述べたスピーチの後、会場からは大きな拍手が湧き、長く続きました。

 

 

シンポジウムの後はノートルダム大学からピースボートの停泊していた港までピースウォークを行いました!

 

文・写真:安藤真子

 

関連記事

  1. 核兵器を廃絶する条件@シンガポール
  2. #YesICANフォトアクション@船内
  3. 99回クルーズおりづるプロジェクト総まとめ
  4. ゲバラの遺志を受け継ぐ者たち@キューバ
  5. ICAN創設者と出会い、核問題を考える気持ちに!
  6. ピースガイド養成講座説明会
  7. 世界の最果ての土地で核廃絶を訴える。@ウシュアイア
  8. おりづるプロジェクト2018 ヒバクシャ地球一周に参加する被爆者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP