おりづるユース

10代限定イベント「核兵器はなくせる」@長崎

 
こんにちは!
第99回クルーズのおりづるユース、安藤真子です。
 
先日の広島での開催に引き続き、
ピースボート川崎哲による10代限定イベントが
8日、長崎で行われました。
29名が参加してくださり、詰め掛けた取材陣で部屋はぎゅうぎゅうになりました。
 

 

はじめに川崎さんによる核をめぐる状況の説明があったあと、10代の参加者から質問や意見を聞きました。

 

広島や長崎では「過去を忘れない、伝え続ける」という話題が主である一方海外では「いま核戦争が起きたらどうなるのか」という議論がなされていることを説明し、その乖離と協力の必要性を述べました。いかに今日の課題にするのかということが重要だと強調します。

 

 

 

 

また、参加者からの質問は

「step by stepと濁す各国の政府をどう変えるか」

「核抑止力もある程度機能しているのではないか?」

「アメリカの核の傘から抜けることを不安に感じる」

など、まさに核兵器廃絶のために避けて通ることはできない課題を挙げてくれました。

 

川崎さんは「それ(核兵器)がそもそもリスクを負う危険なものである」ことを強調し、

みなさんがこれからの世界の安全保障のあり方を考えていく。とりわけ核兵器の危険性と恐ろしさを加味すれば、自ずと核兵器という選択肢はなくなるはずと締めくくりました。

 

 

広島に引き続き行ったこの10代限定イベントですが、「核兵器をなくしたい」という想いがあるが故に悩むことをぶつけ合い\うことができ本当に有意義なものになりました。

「核兵器ってほんとうになくせるの?」という疑問から「なくしていきたい」「なくせる!」に変化したことを願っています。

 

そして参加者のひとりひとりがなくすための「行動」を考えたに違いありません。

「なくせた!」と言える日まで、参加者や私たちが行動していきたいと思います。

 

 

▼8月8日の報道一覧

8月8日 長崎テレビ

ICAN 川崎哲氏と若者交流イベント

http://www.ktn.co.jp/news/20180808203142/

 

8月9日 毎日新聞

ICAN・川崎氏が若者とトーク 長崎 /長崎

https://mainichi.jp/articles/20180809/ddl/k42/040/205000c

 

8月8日 19:00~ J-WAVE『JAM THE WORLD』

「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」について/ジャーナリストで白鴎大学客員教授の下村健一さん

https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

 

8月8日 毎日新聞

核兵器製造企業 国内7社投融資 4年で1.9兆円 2社「取引停止」 ICAN調査

https://mainichi.jp/articles/20180808/ddf/001/040/016000c

 

8月8日 日本経済新聞

犠牲者への「献水」準備 長崎、平和賞記念品公開も

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33937860Y8A800C1ACX000/

 

8月8日 NHK NEWS WEB

長崎原爆の日前に ノーベル平和賞のメダルのレプリカ展示

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011568831000.html

 

8月8日 岡山放送 26:10~

おわりのはじまり~ノーベル平和賞のその先に~

http://www.ohk.co.jp/tvpg/disppg.php?WDATE=020180808&WTIME=26:10

 

8月8日 The Mainichi

7 Japanese financial institutions had transactions with nuclear weapons firms:ICAN

https://mainichi.jp/english/articles/20180808/p2a/00m/0na/021000c

 

関連記事

  1. 広島の発言2010&語りたい伝えたいヒロシマ
  2. よこはまピースボートセンターで報告会を行いました
  3. 8月7日、初めての長崎の感想
  4. おりづるスタディツアー♪橋爪文子さんを訪ねて
  5. U-Brainsのみなさんから・・・ヒバクシャ地球一周 証言の航…
  6. 井の頭公園で被爆ピアノコンサートが行われました!
  7. 核兵器について話すのが当たり前の社会を作りたい〜ピースガイド報告…
  8. 70年前、トンネルで何があった?~三菱兵器住吉トンネル工場(跡)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP