おりづるプロジェクト2018

経済制裁に屈しない国@キューバ

みなさんこんにちは、おりづるユースの安藤真子です。

先日私たちはキューバを訪れました!
キューバでは船内で証言会を行い、約60名もの方々が来てくれました。いつもピースボートがキューバに寄港するたびに受け入れを行ってくださる「キューバ諸国民友好協会(ICAP)」の方々、政府幹部や外務省の方、国会議員、そして学生まで、様々なセクターの方が集まりました。

 

今年は革命から60年、独立戦争から150年というキューバにとって節目の年です。まずクルーズディレクターの恩田さんが「経済制裁はピースボートとしても解決したい問題の1つ。ニューヨーク(アメリカ)とハバナ(キューバ)を1つのクルーズで寄港できることはすばらしいことです。キューバの明るい未来はみんなで作っていきたい」と挨拶をしました。

 

 

次に塚本さんが証言を行いました。

未だに恐怖に怯える被爆者がいることや、核と人間は絶対に共存できないと強調しました。毎日生と死の境目にある100人もの被爆者が島に運ばれてきたことを話しました。「両親の想いを伝えるのが私の使命」とし、最後に峠三吉の「にんげんをかえせ」を朗読しました。

 

塚本さんの証言を聞いて、司会進行をしてくださっていたキューバ国連教会会長のフェルミン・サンチェスさんは、「アメリカは今の世界の(核廃絶という)流れに従うべきだ。核兵器のような武器は完全になくならなければならない。核は環境の側面からも容認できるものではない。人間の意識を変えなければならない。いのちのためにがんばりましょう。」とコメントしました。

 

続けて空さんの証言です。

丸太を積み上げ遺体を焼いていたことや死臭がしていたことなど、8月6日の光景を多く話してくれました。また、戦後の生活苦や差別、どうして活動を始めたのかということも話してくれました。

 

また、私のスピーチでは「あなた自身やあなたの大事なひとがある日突然ヒバクシャになるということを考えたことはありますか?そのような可能性を持った世界に生きているということから目を背けないでください。そして一緒に核兵器を廃絶しましょう」と伝えました。

最後にICAP副代表のホセ・シンタドさんは「核兵器では世界の何も解決することができない。早急に廃絶すべきだ」と締めくくりました。

 

そして会の最後には歌手であり国会議員のラウル・トレスさんが、原爆や革命に関する歌を3曲披露してくれました。

 

キューバ危機という歴史に直面したキューバでは「核廃絶を願わないキューバ人はひとりもいない」ほど核に批判的でした。また、力強く核はなくすべきだと断言する人々に本当に勇気とやる気をもらいました。と同時に今も深刻な問題である経済制裁について、私たちも知り解決に向けてできることを探らなければならないと感じました。

おりづるユースとしてキューバに行くことができて本当に良かったです。

 

おりづるユース 安藤真子

 

 

【メディア掲載情報】

11月3日付け CiberCuba ”Más de mil pasajeros llegan a Cuba en el Crucero por la Paz”

https://www.cibercuba.com/noticias/2018-11-03-u1-e186450-s27061-mil-pasajeros-llegan-cuba-crucero-paz

 

11月3日付け Escambray ”Crucero por la Paz llega otra vez a Cuba con pasajeros de 22 naciones”

http://www.escambray.cu/2018/crucero-por-la-paz-llega-otra-vez-a-cuba-con-1-200-pasajeros-de-22-naciones/

 

11月16日付け Granma ”Barco por la Paz trajo a Cuba más mensajes
contra la guerra”

http://www.escambray.cu/2018/crucero-por-la-paz-llega-otra-vez-a-cuba-con-1-200-pasajeros-de-22-naciones/

 

関連記事

  1. 遠い異国の国で起きた出来事@モンテネグロ
  2. 核兵器を廃絶する条件@シンガポール
  3. ゲバラの遺志を受け継ぐ者たち@キューバ
  4. 平和を築き上げる国@コスタリカ
  5. 忘れないために継承していく@アメリカ
  6. 99回クルーズおりづるプロジェクト総まとめ
  7. おりづるピースガイドと巡る8月6日と8月9日@船内企画
  8. 核廃絶へ共に歩んでいく@アイスランド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP