核廃絶へのいろいろな動き

ユース安藤真子さん「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」

おりづるユースの安藤真子さんが、2018年オセアニアをめぐるクルーズで被爆者に出会い、一緒に核兵器のない世界を目指して過ごした日々のことを「女性のひろば」という冊子に綴りました。


女性のひろば 2019年8月号

素直な感覚がちりばまっており、胸に響きます。そしてアボリジニーの方の話には涙がでました。
この冊子を入手が難しい方でも、同じタイトルでピースボートのウェブサイトにも寄稿してもらっています。
「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」
https://peaceboat.org/24424.html

関連記事

  1. 【お知らせ】東京ピーススタディーツアーを開催します
  2. 11月7日、ピースボートが長崎に寄港しました!【イベント編】
  3. 「ヒバクシャと語る ~今さら聞けない核のこと~」を終えて
  4. 軍縮教育家キャスリン・サリバン博士のワークショップ
  5. 【映像】『原爆は人間として死ぬことも生きることもゆるさなかった』…
  6. ブラジルの学校に、森田さんの名前がつきました。
  7. 6月25日「Abolition Now! 核なき世界の作り方」報…
  8. 中国新聞の記事より:「ユース非核特使」の課題と展望
PAGE TOP