おりづる全国証言会

おりづるプロジェクトを続けてきた私たちにとって2017年は特別な年になりました。

7月、国連で核兵器禁止条約ができました。原爆の恐ろしい威力が世界に示されてから72年、被爆者をはじめ多くの人が夢にまで見た条約です。それを受けて、ノーベル平和賞が核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に贈られることになりました。世界は核兵器のない世界に向けて、確実に前に進んでいます。


私たちは被爆者の声と思いを直接聞くことのできる最後の世代だと言われています。しかし、被爆者の平均年齢は81歳をこえ(2017年現在)、プロジェクトを通して出会った被爆者の中にも核兵器禁止条約もノーベル平和賞受賞も知ることなく亡くなった方がたくさんいます。

今私たちにできることは、被爆者の声に改めて耳を傾けることです。

核兵器のある世界とない世界、どっちがいいかと聞かれたら核兵器のない世界がいい。被爆者の話を聞くと、そのシンプルな「核兵器のない世界への『YES』」をしっかりと掲げることが何よりも大事なのだと気がつきます。そのために、私たちはは、2017年12月から2018年1月にかけて、「今あらためて、日本全国に被爆者の声を届けたい」との思いをもとにクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げました。

たくさんの方にご支援・ご協力いただき、200万円をこえる募金が集まりました。

集まったお金をもとに、全国に被爆証言を届ける「おりづる全国証言会」を開催中です。

 

これまでのおりづる全国証言会の様子:

■2018年3月14日 高校生と考える『核兵器で国は守られるのか?』@都内高校 (おりづる全国証言会/準備会)

■2018年4月4日 『私の被爆体験~おなかの中からみた原爆~』(おりづる全国証言会/第1弾 )

■2018年8月10日 小谷孝子さんと「あっちゃん」と想像する原爆 (おりづる全国証言会/第2弾 )

■2018年10月14日 「73年前の広島のはなし」@岐阜県高山市 (おりづる全国証言会/第3弾 )

■2019年2月2日 子どもたちのみらいへのリレー@伊勢(おりづる全国証言会/第4弾 )

■2019年2月9日 今あらためて@佐喜眞美術館(おりづる全国証言会/第5-1弾 )

■2019年2月11日 今あらためて@久志支所(おりづる全国証言会/第5-2弾 )

■2019年9月6~7日 新島の子どもたちと考える戦争と平和、そして命(おりづる全国証言会/第6弾 )

 

*ご支援のお願い*

引き続き「おりづる全国証言会」への支援金を募集しています。ご支援いただける方は以下をご参照ください。

○郵便振替
 口座記号-番号  00180-3-177458 (7マスを右詰で記入)
 口座名義     ピースボート
 ※通信欄は「オリヅルクラファン」とご記入ください。

○ゆうちょ銀行
 支店:〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座0177458
 口座名義:ピースボート
 ※名前の前に「オリヅルクラファン」とご入力ください。

★第1回ドキュメンタリー映画「ヒバクシャとボクの旅」予告編(2008年)

★第5回ドキュメンタリー(2012年)

★第8回ドキュメンタリー「I Was Her Age」(2015年)

★第8回「ナガサキの唄」(2015年)

第10回スライドショー(2018年)

「Akiko’s Piano 明子さんの被爆ピアノ」(2019年)

PAGE TOP