「映画 太陽の子」トークイベント「いまあらためて《科学者の社会的責任》を問う」

11月21日に長崎大学で行われたトークに、ピースボートの畠山澄子が登壇しました。このトークは、日本の原爆開発の史実を基に若い科学者の葛藤を描いた「映画 太陽の子」(監督・脚本:黒崎博)を題材とし、軍民両用技術(デュアルユース)や大学における…

12月3日(金)「世界核被害者フォーラム2021」開催!

川崎哲が、第33回谷本清平和賞を受賞いたしました

児玉三智子さん、スウェーデンの高校生に語った「原爆被害は過去のことではなく、現在、未来のことです」

サヘル・ローズさん、バラ「アイキャン(ICAN)」が生まれた広島バラ園へ

ベトナム戦争を経験したレリさんとの出会いが私を突き動かした

李鐘根さん 、「大韓民国褒章」を受賞

2021年夏 子どもたちと平和を考える ~被爆を生き抜いた2つの楽器とともに~

川崎哲の「谷本清平和賞」受賞が発表されました

「汝の敵を愛すこと」なんて無理と思いました ~伊藤正雄さんガーナの人々に

アラブ首長国連邦 でのピースランタンセレモニー

「復讐」から「許し」へーフィリピンのミリアム大学の学生と共にー

「戦争をするのも、平和を築くのも、人間」~三田村シズ子さん、フランスの参加者に

「話しあってアクションに向かいたい」和田征子さん、西アフリカの人々に語る

コスタリカにならい、平和への道を発信し続けたい

世界190か国で被爆証言会 ~おりづるプロジェクト・オンライン~

<2021年11月30日現在>
証言会回数:50

開催国・地域:52

参加者(累計数)*:3356

*当日、ライブでの参加者数。アーカイブ視聴者数は含まれていません。

 

プロジェクト紹介はこちら

 

オンライン証言会の証言と海外参加者からのコメント集はこちら

 

 

■20211月の開催場所:

ドイツ、ノルウェー、ソロモン諸島

 

これまでの開催国・地域(五十音順)>

アイルランド、アメリカ合衆国、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、イギリス、インド、ウガンダ、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オランダ、ガーナ、カメルーン、ギニア、キルギス、キューバ、ケニア、コートジボワール、コスタリカ、コロンビア、ジョージア、ジンバブエ、スイス、スウェーデン、スペイン、セイシェル、タジキスタン、チリ、ドイツ、ナイジェリア、日本、ノルウェー、フィリピン、フィンランド、フランス、ブルキナファソ、ベトナム、ベナン、マーシャル諸島、マレーシア、マリ、メキシコ、モーリシャス、モンゴル、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、リユニオン、レバノン

カテゴリー検索

アーカイブから検索

PAGE TOP