2021年夏 子どもたちと平和を考える ~被爆を生き抜いた2つの楽器とともに~

この夏ピースボートでは、日本の多くの子どもたちが、原爆投下の歴史に触れ、平和について考える機会をつくろうと、いくつかの企画を行いました。広島で被爆を生き抜いた「明子さんのピアノ」「パルチコフさんのバイオリン」の演奏会を通じて、感想文を募…

川崎哲の「谷本清平和賞」受賞が発表されました

「汝の敵を愛すこと」なんて無理と思いました ~伊藤正雄さんガーナの人々に

「復讐」から「許し」へーフィリピンのミリアム大学の学生と共にー

「戦争をするのも、平和を築くのも、人間」~三田村シズ子さん、フランスの参加者に

「話しあってアクションに向かいたい」和田征子さん、西アフリカの人々に語る

コスタリカにならい、平和への道を発信し続けたい

この先の未来をどう創造していきたいか ~被爆証言を聞いて~

心の傷をどう癒す?~エルサルバドル内戦体験者から問われて~

ドイツでも被爆者の話を伝え、言葉に宿る魂に触れる作品を作りたい

世界へライブ配信 ~2021年8月広島と長崎より

【クラウドファンディング】被爆を生き抜いた「明子さんのピアノ」を次世代に響かせたい!

客人をもてなすのが大好きなジョージアに迎えられて

【7/16記者会見】【8/6オンラインイベント】「奏で継ぐヒロシマ~被爆を生き抜いた2つの楽器」

人災を経て繋がる ~広島とレバノン~

世界190か国で被爆証言会 ~おりづるプロジェクト・オンライン~

<2021年10月7日現在>
証言会回数:46

開催国・地域:46
参加者(累計数)*:3122

*当日、ライブでの参加者数。アーカイブ視聴者数は含まれていません。

 

プロジェクト紹介はこちら

 

オンライン証言会の証言と海外参加者からのコメント集はこちら

 

■2021年10月の開催場所:

ソロモン諸島、キルギス、ソロモン諸島、フィンランド

■20211月の開催場所:

ドイツ

 

これまでの開催国・地域(五十音順)>

アメリカ合衆国、アルゼンチン、イギリス、インド、ウガンダ、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、オーストラリア、オランダ、ガーナ、カメルーン、ギニア、キルギス、キューバ、ケニア、コートジボワール、コスタリカ、コロンビア、ジョージア、ジンバブエ、スウェーデン、スペイン、セイシェル、タジキスタン、チリ、ドイツ、ナイジェリア、日本、フィリピン、フランス、ブルキナファソ、ベトナム、ベナン、マーシャル諸島、マレーシア、マリ、メキシコ、モーリシャス、モンゴル、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、リユニオン、レバノン

カテゴリー検索

アーカイブから検索

PAGE TOP