3.核廃絶へのいろいろな動き

日本、NPTの核不使用声明へ署名拒否

□■□関連記事、追記(2013年4月27日午前10時)□■□
中国新聞「核不使用に賛同せず 「被爆国」名乗る資格ない」(2013年4月26日)
読売新聞「被爆地踏みにじる…反核声明不参加に失望広がる」(2013年4月26日)
長崎新聞「核兵器の共同声明不参加は裏切り 広島、長崎から非難次々」(2013年4月26日)

————————————————–

みなさま、こんにちは。

連日の報道の通り、現在スイスのジュネーブで開かれているNPT(核拡散防止条約)の再検討会議に向けた準備会合で、核兵器の非人道性を訴えて発表された共同声明に日本が署名しなかったことが、国際社会に大きな波紋を呼んでいます。

    ピースボートのおりづるプロジェクト
NPT再検討会議に向けた準備会合

この共同声明は、核が使用された場合に壊滅的な被害が生じるとしてスイスや南アフリカなど74カ国が賛同したもので、日本の代表団は、アメリカとの核政策を念頭に「日本の安全保障政策と相容れない」として署名を拒否しました。

    ピースボートのおりづるプロジェクト
会議に出席する日本政府の代表団

日本は、昨年(2012年)10月にスイスやノルウェーなど核兵器の非人道性を訴える国々が作成した「核兵器を非合法化する努力の強化」に関する声明への署名を求められた際にも同様の理由で署名を拒否しています。

そのため、今回の声明を作成するにあたって、スイスなどの起草国は、原案から「非合法化を求める」という表現を落とすなど、日本でも賛同しやすいような内容に工夫をしていました。そのような経緯があるにも関わらず、「いかなる状況下でも核を使用しない」という部分に日本政府の一部が反対したことから、日本は署名を拒否する結果となりました。

この日本の署名拒否に対して異を唱える各国のNGO代表団は、ジュネーブにて抗議デモを行いました。

    ピースボートのおりづるプロジェクト
ジュネーブにて抗議デモを行う各国の市民、NGO代表者たち

    ピースボートのおりづるプロジェクト
抗議デモに参加するピースボート共同代表の川崎哲

核爆弾を投下されたという意味で、世界で唯一の被爆国である日本が「核爆弾を二度と使用しないようにするための世界の約束」に賛同しなかった…。広島・長崎を経験し、第五福竜丸の被爆、福島の事故を経てもなお、核との共存をよしとする日本を、世界の人々がどのように見ているのか。

「ノーモア・ヒバクシャ」、「同じ過ちを繰り返さないために」、言葉にするのは簡単ですが、具体的にどのように実現していくのか、私たち一人一人があらためて考える必要があるのではないでしょうか。

「非人道」声明に署名した74カ国はこちら:
Algeria, Argentina, Austria, Belarus, Bangladesh, Bosnia and Herzegovina, Botswana, Brazil, Cambodia, Chile, Colombia, Costa Rica, Cyprus, Denmark, Djibouti, Ecuador, Egypt, El Salvador, Ethiopia, Ghana, Georgia, Grenada, Guatemala, Holy See, Honduras, Iceland, Indonesia, Iran, Ireland, Jordan, Kazakhstan, Kenya, Kuwait, Lebanon, Lesotho, Liechtenstein, Luxembourg, Malaysia, Maldives, Malta, Mauritius, Mexico, Morocco, Mozambique, Namibia, Nepal, New Zealand, Nicaragua, Niger, Nigeria, Norway, Palau, Panama, Papua New Guinea, Paraguay, Peru, Philippines, Qatar, Samoa, Singapore, South Africa, Swaziland, Switzerland, Tanzania, Thailand, Tonga, Trinidad and Tobago, Tunisia, Uganda, Ukraine, Uruguay, Yemen and Zambia

□■□関連記事□■□
NHKニュース「日本 NPTの核不使用声明に署名せず」(2013年4月25日)
同上「「核の傘」で守られている 署名見送り」(2013年4月25日)
朝日新聞「「核の不使用」共同声明、日本署名せず NPT準備委」(2013年4月25日)
中国新聞「「核不使用共同声明」に日本賛同せず NPT準備委」(2013年4月25日)
同上「声明不参加に被爆者ら抗議
47ニュース「被爆者ら日本代表部へデモ行進 共同声明の不賛同に抗議」(2013年4月26日)
日本経済新聞「 官房長官、NPT声明賛同見送り「日本の安保環境踏まえ判断」」(2013年4月25日)

ピースボート
古賀早織

関連記事

  1. 李鐘根さんが朝日新聞に紹介されています
  2. おりづるプロジェクト:2014年1月~2月イベントのお知らせ
  3. 71年目の夏~広島~
  4. 原水協主催シンポジウム「2015年NPTへ:被爆国日本の役割」の…
  5. 8月、広島・長崎で映画上映会と第5回「ヒバクシャ地球一周証言の航…
  6. ピースボート広島宣伝隊からの報告①
  7. 【報告】8月4日(日) 平和市長会議2日目&原水禁68 開催
  8. ヒバクシャの声を聞く‐ ヒロシマ・ナガサキ75年  第2回:山下…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP