2.ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)

ICANの展示に広島・長崎の遺品

みなさん、こんにちは。ピースボートスタッフの野口香澄です。12月10日に行われる、オスロでのノーベル平和賞の受賞式に向け、広島・長崎の原爆資料館にて、5つの遺品が展示されることになりました。※10/17付 NHKニュースよりhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20171117/k10011227081000.htmlノーベル平和賞「ICAN」の展示に広島・長崎の5つの遺品亡き人々の想いも共に、オスロの地に行けるということは、現地に居るノルウェーの方々やその他の国々の方に言葉や絵・写真とはまた違うリアルな姿を届けられると思います。この遺品を見た各国の方々の反応が楽しみですね。ピースボートスタッフ 野口香澄

関連記事

  1. 11/1 ICANノーベル平和賞・受賞記念企画 今こそ聞こう被爆…
  2. 討論集会「核兵器禁止条約と日本の役割」~ベアトリス・フィンICA…
  3. ICANノーベル平和賞受賞記念 オスロへの7日間の旅
  4. 被爆者をノーベル平和賞の受賞式へ
  5. なぜ、ヒバクシャを語り継ぐのか~ノーベル平和賞ICANを支えたキ…
  6. ICANノーベル平和賞受賞記念 オスロへの7日間の旅④
  7. 8月8日 核兵器と安全保障を学ぶ広島-ICANアカデミー
  8. 市民が今、動き出すこと@長崎大学

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP