1.ヒバクシャ証言の航海

エクアドルから“オリガミスタ”が乗船!

67回クルーズにハバナ(キューバ)~マンタ(エクアドル)まで13名のオリガミスタが乗船しました。オリガミスタとは、まさに折り紙を折るプロ集団。実はエクアドル国内で原爆のこと、そして原爆のヒバクシャ、サダコさんのことを折り鶴を使い伝ええう、平和活動をしているグループです。

彼らとの交流は、63回クルーズでおりづる代表団がエクアドルを訪問したときに知り合い、それから連絡を取り始め今回の乗船が決まりました。

おりがみと言えどもその出来映えは、芸術そのもの!

取材された映像にピースボートのスタッフが日本語字幕をつけました。それをYoutubeで見ることができます。

動画はコチラ
URL)https://www.youtube.com/watch?v=u4tylpm86QE

関連記事

  1. マレーシア~核兵器廃絶へ向けて~
  2. おりづるプロジェクト参加者その後の活躍
  3. 被爆者になるのはいつも誰かの大事な人
  4. 原発建設に揺れるトルコ・イスタンブールで、原爆の証言と中東非核地…
  5. ニュージーランド先住民族マオリとヒバクシャとの交歓
  6. 第100回ピースボート出航~色とりどりのテープ、本当のことを知る…
  7. 森喜代子さんと住吉トンネルの特集が長崎国際放送で放映されました
  8. 恥ずかしい国に住む私たち@ノルウェー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP