1.ヒバクシャ証言の航海

エクアドルから“オリガミスタ”が乗船!

67回クルーズにハバナ(キューバ)~マンタ(エクアドル)まで13名のオリガミスタが乗船しました。オリガミスタとは、まさに折り紙を折るプロ集団。実はエクアドル国内で原爆のこと、そして原爆のヒバクシャ、サダコさんのことを折り鶴を使い伝ええう、平和活動をしているグループです。

彼らとの交流は、63回クルーズでおりづる代表団がエクアドルを訪問したときに知り合い、それから連絡を取り始め今回の乗船が決まりました。

おりがみと言えどもその出来映えは、芸術そのもの!

取材された映像にピースボートのスタッフが日本語字幕をつけました。それをYoutubeで見ることができます。

動画はコチラ
URL)https://www.youtube.com/watch?v=u4tylpm86QE

関連記事

  1. サンクトペテルブルグ:生き抜いた誇りを分かち合う
  2. 【寄港地報告】ベトナム(ダナン)‐共通の基盤を探し、平和な未来へ…
  3. 森田さん、渡辺さんがブラジルで報告会をなさっています!
  4. 世界大戦は始めも終わりも人が犠牲になる in ポーランド
  5. 第5回証言の航海 参加者募集(9月16日締め切り)
  6. 第6回おりづる参加被爆者紹介(広島編)
  7. 第4回ヒバクシャ地球一周から~3月19日、ギリシャでの証言会~
  8. サーロー・節子さん、「谷本清平和賞」を受賞

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP