1.ヒバクシャ証言の航海

エクアドルから“オリガミスタ”が乗船!

67回クルーズにハバナ(キューバ)~マンタ(エクアドル)まで13名のオリガミスタが乗船しました。オリガミスタとは、まさに折り紙を折るプロ集団。実はエクアドル国内で原爆のこと、そして原爆のヒバクシャ、サダコさんのことを折り鶴を使い伝ええう、平和活動をしているグループです。

彼らとの交流は、63回クルーズでおりづる代表団がエクアドルを訪問したときに知り合い、それから連絡を取り始め今回の乗船が決まりました。

おりがみと言えどもその出来映えは、芸術そのもの!

取材された映像にピースボートのスタッフが日本語字幕をつけました。それをYoutubeで見ることができます。

動画はコチラ
URL)https://www.youtube.com/watch?v=u4tylpm86QE

関連記事

  1. 高汚染のベラルーシのゴメリで、地元の医師・住民と活発な交流を行い…
  2. 被爆者との出会いを卒業研究に!
  3. ブラジルに生きるヒバクシャ~渡辺淳子さんを迎えて~
  4. 朝日新聞連載「証言の航海」第7弾!
  5. 6月18日京都産業大学の授業でプレゼンテーションを行いました!
  6. 第5回証言の航海 参加者募集(9月16日締め切り)
  7. 原発に関心の高いイタリア・ナポリで証言会
  8. 第5回おりづる参加被爆者紹介(長崎編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP