1.ヒバクシャ証言の航海

船内企画特集*おりづる企画が盛り上がっています!

2009年8月30日

船内では様々な船内企画が行われています。
まだ乗船して5日目ですが本日8月30日は3つもの企画が行われました。

まず1つ目の企画は「おりづるを折ろう!」
高校生とおりづるパートナーの若者が中心となって計画を練ってきた
この企画では寄港地などでも使える折り鶴を折ることに加えて、
その由来も知ろうということで、広島の原爆資料館からお借りした
ポスターなども使いながら佐々木禎子さんのお話を
参加してくれたみなさんと一緒に考えました。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
おりづるを折る一般の参加者の女の子たち

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
サダコのポスター。この話は意外と知らない人も多いよう。

午後行われたのは「ヒバクシャと語ろう」
5名程度の小グループに分かれて、1時間じっくり話をしました。
特にテーマは決めず、参加してくれた人が
自由に被爆者の方々と話ができるような雰囲気をつくることを心がけました。
今回のプロジェクトの大きな特徴は被爆者の方々と3ヶ月半という時をすごし、
「あの日、あのとき」の話を超えた個人的な話をたくさん聞かせてもらえること。
そんな場のひとつとしてこの「ヒバクシャと語ろう」が一般参加者のみなさんにとっての
何かのきっかけとなったらいいなと思っています。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
熊本在住の被爆者、長曽我部久さんのグループ

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海 長崎の被爆者小西伸一さんの話に真剣に耳を傾ける若者たち

夜は昨晩に引き続き「いまさら聞けない 超初級核!!問題②」
今日はアラジンをイメージし、
核問題のテストで赤点をとってしまった高校生をランプから出てきた
妖精が助けるというシナリオでした。
今回はこの企画の担当となった高校生の下村優太郎くんが中心となり、
ほかの高校生とおりづるパートナーと共に、前夜からミーティングを重ね作り上げました
今回も50名ほどが集まる盛況ぶり。
きてくれる人が多いと高校生も勇気づけられます。
今日は「世界の原爆の現状」ということで
地球上に存在する核兵器について、核を巡る国際情勢について勉強しました。

 ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
超初級核問題の打ち合わせをするピースボート川崎哲(左)とプロジェクト参加高校生の下村優太郎くん

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
企画本番の様子。高校生と川崎哲の対話形式で企画が進められます。

(文責:畠山澄子)

関連記事

  1. 第3回「ヒバクシャ地球一周」に参加した児玉さんが朝日新聞に取り上…
  2. グダンスク:つながりが社会を変える
  3. トルコ、おりづるのみなさんがテレビで報道されました
  4. ヒバクシャと平和への旅~ノーベル平和賞メダルと共に~
  5. ギリシャはアテネの小学校訪問
  6. おりづる劇団 はじめました。
  7. 2012年8月の広島・長崎を振り返って③
  8. 英語で証言”世界に語り伝えたいヒロシマ”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP