1.ヒバクシャ証言の航海

  1. 平和憲法という日本との共通点をもつコスタリカへ

    コスタリカと日本はともに、戦争をしないと決めた憲法(日本国憲法第9条の〔戦争放棄〕とコスタリカ12条〔軍隊不保持〕)を持っているという共通点があります。平和を意識して生活する市民も平和に関する教育機関も多いこの国で、ウクライナとロシアやガザ…

  2. カルタヘナ~核兵器禁止条約への署名から批准に向けて~

    旧市街にはスペイン植民地時代の特徴的な建造物が数多く残され、その美しさと歴史的価値からユネスコの世界…

  3. 誰もがみんな、放射能を浴びる風下住民

    ニューヨークからメキシコのマンサニージョまでの約2週間、水先案内人でありおりづるプロジェクトの新たな…

  4. 平和への想いを込めてシャッターを切ろう

    8月9日11時2分。人類史上2回目の原爆が長崎で炸裂しました。その年の暮れまでに、長崎市人口の3…

  5. 核が開発されたニューヨークで核廃絶について考える

    6月16日、パシフィックワールド号はリバティ島にある自由の女神を横に見ながら、ハドソン川を航行し米国…

  6. NO NUKES -ビキニの海は忘れない- 船内写真展

  7. 歴史的な会談が行われたレイキャビクを訪れて

  8. ロンドンで核兵器廃絶に向けて仲間がいることを実感

  9. 核保有国フランスでル・アーブル副市長とも面会(フランス後編)

  10. 核保有国フランスで市長、市議、学生と語りました(フランス前編)

  11. はだしのゲンが見たヒロシマ

  12. 9条の碑のあるラスパルマスへ

  13. シリアのがれきに立つ少年

  14. 核兵器を廃絶した南アフリカで平和構築について考える

  15. 漫画「はだしのゲン」を寄贈頂きました!

PAGE TOP