3.核廃絶へのいろいろな動き

もんじゅ、1年間凍結へ

福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」の研究開発を来年度から1年間凍結すると中川正春文部科学相が27日明らかにしました!

プルトニウムを燃料とし、投入した量より多くのプルトニウムを取り出すことが出来る高速増殖炉は、日本の原子力政策の中核を成していますが、研究開発が進まず実用化に成功した例は世界でもありません。

もんじゅは1995年に冷却材のナトリウムの漏洩事故を起こし停止し、2010年5月に運転を再開するも、同年8月に格納容器内で装置が落下する事故があり停止していました(2011年6月に装置の引き上げに成功)。

◆NHK NEWSweb
高速増殖炉研究 事実上凍結へ

◆中国新聞
国の高速増殖炉研究、凍結へ もんじゅ管理費は維持

◆日本経済新聞
高速増殖炉研究、1年凍結の意向 文科相

◆47NEWS
高速増殖炉の実用化研究、凍結へ もんじゅ管理費は維持

◆読売新聞
高速増殖炉の研究開発、来年度は凍結へ

(インターン 蓮沼)

関連記事

  1. 長崎に行ってきました!
  2. イベント:核兵器ってほんとに禁止できるの?
  3. ピースボート広島宣伝隊からの報告②
  4. 6月2日はNuclear Abolition Day☆
  5. 12月13日(土)「ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐ集い」
  6. 在外被爆者証言、11ヶ国語で発信
  7. キャロライン・ケネディ駐日大使、長崎訪問!
  8. 市民講座「世界遺産<ビキニ>から拡がる死の灰」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP