3.核廃絶へのいろいろな動き

チャリティーライブ「アオギリにたくして」に参加しました。

9月25日、新宿で第15回チャリティーライブ「アオギリにたくして」が開かれ、参加してきました!

チャリティーライブ「アオギリにたくして」は、国籍や世代、ジャンルを超えた表現の空間づくりをする「ミューズの里」により、新宿御苑のインドカレー屋パペラで開かれているチャリティーライブです。
第15回目の今回は、広島の被爆体験の語り部として活動された沼田鈴子さんを偲ぶ会として開催されました。

「75年は草木も生えない」と言われた広島で、原爆により幹の半分をえぐられながらも春に新芽を出した
被爆アオギリ。
そのアオギリの芽に勇気を与えられた鈴子さんは、広島の平和記念公園の被爆アオギリの木の下で自らの体験を語られてきました。

チャリティーライブは鈴子さんに縁のある方からのメッセージや、
昨年秋に被爆アオギリを植樹された米国ワシントンのカーネギー地球物理学研究所の先生による植樹の報告、
原爆フィルム「にんげんをかえせ」の上映、
そしてシンガーソングライターの中村里美さんとジャズギタリストの伊藤茂利さんによる鈴子さんに捧げるライブと、とても盛りだくさんな内容で明るい雰囲気でカレーを食べながら行われました。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
沼田鈴子さんに捧げる歌

僕は鈴子さんと直接はお会いしたことはありませんが、笑顔のあふれるとても優しい方だとお聞きしています。沼田鈴子さんのように被爆体験を語ってくださる方がお亡くなりになるということはとても残念でなりません。
いつか必ず訪れる、“広島・長崎の被爆者がいなくなる日”が少しずつ着実に近づいているのだということを実感し一刻も早く核兵器のない世界を作らなければ行けないと思いました。

チャリティーライブ「アオギリにたくして」
http://aogirinitakushite.seesaa.net/

(インターン 蓮沼)

関連記事

  1. シンポジウム:「核の太平洋」は今~被害、運動そして継承~
  2. ヒバクシャの声を聞くーヒロシマ・ナガサキ75年 第4回:李鐘根さ…
  3. 英生まれのコスメブランド、LUSHジャパンが店頭で核廃絶キャンペ…
  4. 李鐘根さん 、「大韓民国褒章」を受賞
  5. 8月9日11時02分にシャッターを切ろう!
  6. ブラジルコミュニティーに伝わるヒバクシャの声
  7. 川崎哲の「谷本清平和賞」受賞が発表されました
  8. 川崎哲氏の講演ーヒロシマ・ナガサキを語り継ぐつどいにて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP