参加者のその後の活躍

おりづる被爆者の山下泰昭さんが記事になりました!

国連広報センターのウェブサイトとハフィントン・ポストに、おりづる被爆者の山下泰昭(やました・やすあき)さんの記事がでました。

現在メキシコに暮らす山下さんは、自身が6歳の時に経験した長崎での被爆体験を長年に渡って語り続けています。

(写真:国連広報センターウェブサイト より)

最初は、自身の経験を話すのが嫌だったという山下さん。
自分が被爆者であることを知られると差別を受けてしまうため、多くの被爆者がその被爆体験を隠していた時代もありました。

(写真:上と同じ)

しかしながら山下さんは、二度とこのような悲劇を繰り返さないでほしい、他の人には同じような目には遭ってほしくない、という思いから、証言活動を中心に核軍縮に取り組んでいます。

詳しい記事の内容や山下さんのお話は、国連広報センターウェブサイト と ハフィントン・ポストをご覧下さい!

(ピースボートインターン 渡邊まあり)

関連記事

  1. 宮田隆さん、「長崎県文芸大会」に入賞
  2. 山下さんのご活躍がメキシコの新聞に掲載されました!(El Uni…
  3. <協力お願いします>リオ開会式での黙祷を求めて
  4. ブルネイのペンギラン・ユスフ氏のことが報道されています
  5. カナダのトロントで「フラッシュ・オブ・ホープ」の上映会
  6. 「新安保法案に一言 国民目覚める好機」過去乗船者:宮田隆さん
  7. 広島の被爆者:伊方原発の差し止めを求める
  8. スタディーツアー in広島・長崎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP