3.核廃絶へのいろいろな動き

希望のバラ「ICAN」  ~東京で花開く~

2020514日、私、ピースボートの松村真澄とピースボート共同代表でありICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の国際運営委員の川崎哲は、広島バラ園から新品種のバラ「ICAN」が贈呈された恵泉女学園大学と、多摩市と同大学が共同運営するグリーンライブセンターを訪ねました。同大学の上村英明先生、土屋昌子さんから、5月に入り開花のお知らせが届き、その様子をひと目見ようと足を運んだのです。

ご案内いただいた上村先生(右)と土屋さん(左)と恵泉女学園大学にて

バラ「ICAN」との出会い

ICAN」と名づけられたこのバラは、広島で被爆した育種家、田頭数蔵(たがしらかずぞう)さん(91歳)によって、新品種として作られました。私たちは昨年4月、田頭数蔵さんと、その長男でバラ園を引き継いでいる恵さんを訪ねました。田頭数蔵さんは、今まで語ってこなかった自身の経験を話してくださり、世界の若者が共鳴して核兵器をなくそうとする姿に心を打たれた、とおっしゃいました。その時、生まれたばかりのバラ「ICAN」は、親指ぐらいの大きさに芽を出していました。花開く日を想像し、大きな期待感を覚えました。

田頭数蔵さんと一緒に

まだ小さなICAN

それから数か月。今年の2月、ピースボートの野口香澄が多摩市役所を訪れ、阿部裕行・多摩市長と大日向雅美・恵泉大学学長と一緒に記者会見を行いました。そして、両手で抱えるような苗に成長した「ICAN」は、バラを栽培している恵泉女学園大学(無農薬有機で育てています)・付属中高、多摩市のグリーンライブセンターに40株、ピースボートスタッフの2家族に10株贈呈されました。阿部市長は直接バラの苗を受取り、「市内の植物園や小中学校で育て、核兵器廃絶の大切さを市民に伝えたい」とおっしゃいました。

(左から)大日向雅美学長、阿部裕行市長、ピースボート野口香澄

5月の訪れとともに、咲き誇るバラ

その後順調に成長したバラは、恵泉女学園大学、および中高、多摩市グリーンライブセンター、ピースボートの野口香澄さん家族と渡辺望美さん家族のもとで、それぞれ花開きました。

幾重にも重なる淡いピンクの花びらは、核兵器のない世界を願うたくさんの方々の希望のように美しく大輪の花となりました。グリーンライブセンターは閉館中ですが、センター入口外に置いてくださっているので、立ち止まって撮影をする方も多く見受けられました。

美しく香るICAN

グリーンライブセンターの長谷川陽子さん(左)と一緒に

 

恵泉女学園大学Twitter

野口さん宅にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡辺さん宅にて

女優のサヘル・ローズさんにも贈呈

523日には、女優のサヘル・ローズさんとその義母フローラ・ジャスミンさんが、グリーンライブセンターを訪問してくださいました。核兵器や戦争のない世界への思いを川崎と語り合い、グリーンライブセンターで育てられた「ICAN12株のうち1株が贈呈されました。サヘルさんとフローラさんは自宅近くでバラ園を営み、120種類以上が栽培されていますが、贈られた「ICAN」はそこで育てられます。その様子は、翌日の毎日新聞に掲載されました。

バラを鑑賞するサヘルさん

バラの贈呈

サヘルさんバラ園の前で

バラの香りに核兵器のない世界を思う

コロナ禍で、移動中や撮影以外の時間はマスクをするよう心がけましたが、風になびく馥郁(ふくいん)としたバラに、平和的な雰囲気を感じました。また、サヘルさんの「被爆者について知ろう」というひたむきな姿勢を見て、貴重な証言を聞いて伝えることの大切さを再認識しました。75年目の夏を迎える今年、核兵器のない世界を考えて行動しようと勇気を与えてくれたと思っています。

* この記事の写真では新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出されている間にとられたものもあります。写真撮影のとき以外は、人の間の距離を十分にとり、マスクを着用するなど感染防止を心がけました。多摩市立グリーンライブセンターで鑑賞される際には、距離を十分にとるようお願いします。

 

<掲載記事>

2020年1月28日 中国新聞
新作のバラ「ICAN」 被爆者で育種家 田頭さん 核廃絶運動に共感
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=89214

2020年3月5日 多摩市タウンニュース
恵泉×多摩市 広島から新作バラ寄贈 名前は「I CAN」核廃絶へ
https://www.townnews.co.jp/0306/2020/03/05/520178.html
2020年2月18日 中国新聞
新品種のバラ 「ICAN」贈呈 被爆者、多摩市へ苗
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=96075
2020年5月24日 毎日新聞
平和のバラ「ICAN」 広島の被爆者からローズさんへ
https://mainichi.jp/articles/20200524/ddm/041/040/053000c

2020年5月26日 毎日小学生新聞 バラに託す「核兵器のない世界」 広島の被爆男性

 

ピースボート 松村真澄

関連記事

  1. UFPFF 国際平和映像祭にて「フラッシュ・オブ・ホープ」上映決…
  2. 軍縮・不拡散教育グローバルフォーラム@長崎
  3. 新しいウェブサイト"Breaking the Nucl…
  4. 3/27 G7広島外相会合プレイベント ユース非核特使フォーラム…
  5. 外務省のウェブサイトに被爆証言、各国語で
  6. 長崎に行ってきました!
  7. もんじゅ、1年間凍結へ
  8. 9月26日国連でのイベント「核兵器のない世界に向けて ヒロシマ、…
PAGE TOP