3.核廃絶へのいろいろな動き

核兵器を廃絶することは生き残った者の務め ~田中稔子さん~

2020530日の中国新聞に、第一回おりづるプロジェクトに参加した田中稔子さんの取り組みと発言が掲載されました。

2020年5月31日 中国新聞【ヒロシマの空白 被爆75年】国の責任を問う<9>禁止と廃絶 「生き残った者の務め」

https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=648034&comment_sub_id=0&category_id=1183&fbclid=IwAR1G3KNyOpDt79huiwm0UjTudkMaDv_g2Yxcz4lUIKswQm8-wbqcVxIRfIs

今年に入って「核兵器廃絶NGO連絡会」の取り組みとして、被爆者と若者たちが東京都内の7つの大使館を訪問し、核兵器禁止条約に前向きな国に早期手続きを促しました。

日本は、「核兵器廃絶という目標は共有している」と言いながら、「米国の核抑止力の正当性を損なわせる」と禁止条約に背を向け、同条約の制定交渉にも参加しませんでした。

その姿勢が、田中さんをはじめとする多くの被爆者を失望させているのです。

田中さんはこの記事で言っています。「あの日に命を絶たれた人たちの無念を思うと、じっとしてはいられない。核兵器を禁止し、廃絶することは生き残った者の務め」と。

 

そんな中で、前述の通り、被爆者と若者が協力をして大使館を訪問し、同条約への賛同、署名・批准を要請しました。これは、若者にとっての学びの機会となりました。同時に、長年あきらめずに語り続けてきてくれた被爆者の思いに寄り添うものであったと改めて思いました。

<大使館応援ツアー 関連記事>

大使館応援ツアー2020 ~めざせ核兵器禁止条約発効~
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/03/01/embassy_visit_2020_tpnw/

大使館応援ツアー2020レポート:インドネシア大使館(1ヵ国目)
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/03/19/embassy_visiting_indonesia/

大使館応援ツアー2020レポート:モンゴル大使館(2ヵ国目)
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/03/20/embassy_visiting_mongolia/

大使館応援ツアー2020レポート:アルジェリア大使館(3ヵ国目)
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/03/21/embassy_visiting_algeria/

大使館応援ツアー2020レポート:ザンビア大使館(4ヵ国目)
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/03/23/embassy_visiting_zambia/

大使館応援ツアー2020レポート:ジンバブエ大使館(5ヵ国目)
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/04/07/embassy_visiting_zimbabwe/

大使館応援ツアー2020レポート:コモロ連合名誉領事館(6ヵ国目)
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/04/08/embassy_visiting_comoros/

大使館応援ツアー2020レポート:東ティモール大使館(7ヵ国目)
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/04/13/embassy_visiting_timor-leste/

大使館応援ツアー2020 ~めざせ核兵器禁止条約発効~:ツアーを振り返って
https://nuclearabolitionjpn.wordpress.com/2020/05/14/embassy_visiting_summary_report/


ピースボート 渡辺里香

関連記事

  1. ピースボート広島宣伝隊からの報告②
  2. ノーベル平和賞サミットが閉幕
  3. 核兵器のない世界へ 長崎国際会議
  4. 「ヒバクシャと語る ~今さら聞けない核のこと~」を終えて
  5. スタディーツアー in広島・長崎
  6. 鳥取でおりづる映画の上映と講演をしました
  7. 核保有国の論理とは? 長崎の学生と対話
  8. 【報告】中村紘さん&福島子どもプロジェクト
PAGE TOP