2008年_第1回ヒバクシャ地球一周(第63回ピースボート)

ヒバクシャ地球一周 帰国直後の報道の数々

「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」は無事1月13日に日本の東京・晴海に帰港を果たしました。

これまでのご注目、ご支援、本当にありがとうございました。

ここでは、帰港直後に全世界で流れた報道の一部をご紹介します。

なお、本ブログでは、引き続き、この「ヒバクシャ地球一周」プロジェクト(通称「おりづるプロジェクト」)の活動の様子や、第2弾に向けた情報などをアップしてきます。引き続きご注目ください。 

[共同通信] 2009.1.13核廃絶訴えた被爆者航海終える 広島、長崎の100人
[毎日新聞] 2009.1.13核廃絶:20カ国で訴え客船帰港 被爆者103人地球一周
[朝日新聞] 2009.1.13シーツ縫い「ガザ攻撃反対」横断幕 ピースボート東京に
[中国新聞] 2009.1.13核廃絶訴えた航海終える 広島、長崎の被爆者100人2009.1.18ピースボートが東京帰港 被爆証言 世界で手応え2009.1.23「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加して (節子サーロー)
[長崎新聞] 2009.1.14反核の輪、世界つなぎ帰国 被爆者103人が20カ国巡り体験語る
[日刊スポーツ] 2009.1.18コラム「政治の時間」(早野透)憎しみの連鎖止めるために–被爆者の苦しみ、ガザの悲劇を訴えよ
[共同通信] 2009.1.21『演説 新鮮だった』 首都圏の市民も好感(オバマ大統領就任に際して、地球一周参加者の森田隆さん、ピースボートの川崎哲のコメントを報道)
[Kyodo News]100 A-bomb survivors return from 4-month voyageHibakusha home from testimonial voyage
[Mainichi]A-bomb survivors complete round-the-world peace tour
[AFP]Japan A-bomb survivors hopeful for Obama
[EFE]Supervivientes de Hiroshima y Nagasaki terminan su viaje para pedir la abolicion de las armas nuclearesJapanese Bomb Survivors Conclude Journey (translation of shortened EFE article)
[Chugoku―Hiroshima]Peace Boat returns to Japan after voyage to the world with A-bomb survivors The Hibakusha Testimony Project: A Global Voyage for a Nuclear Weapons Free World (by Setsuko Thurlow)

関連記事

  1. トルコ・ディキリでの即席「青空」原爆資料展
  2. 国連事務総長、核兵器禁止条約に言及
  3. 在韓ヒバクシャが過去、そして現在を語る
  4. 「FUNKIST(ファンキスト)ダンス」が生まれたわけ
  5. 森喜代子さんと住吉トンネルの特集が長崎国際放送で放映されました
  6. 国連代表団、ニューヨークで活動開始
  7. 橋爪文さん『新版 少女・14歳の原爆体験記』の紹介
  8. 国を挙げての歓迎 ベネズエラでの大交流パート2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP