3.核廃絶へのいろいろな動き

国本隆史監督が中国新聞に登場!

「ヒバクシャとボクの旅」の国本監督が、6月28日付中国新聞の『10代が
つくるひろしま国』
に登場しました。

推薦をしてくれた中学2年生は、「被爆証言を聞くと、ボクはどうしたらいいのか分からなくなる」との国本監督のつぶやきに身震いし、作中に出てくる世界の若者たちの無知さに、もっと多くの人に「原爆」を伝えていく必要を感じたそうです。

若い人への強いアピールになったようです。

(渡辺里香)

関連記事

  1. Japanese for Peace代表がピースボートセンター東…
  2. 12月13日(土)「ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐ集い」
  3. UFPFF 国際平和映像祭 2011 横浜及び全国にていよいよ…
  4. 「この思いを聞いてほしい!10代のメッセージ」(岩波ジュニア新書…
  5. おりづるインターンの鈴木 俊平です
  6. チャリティーライブでヒバクシャ地球一周の報告をします。
  7. サヘル・ローズさん、バラ「アイキャン(ICAN)」が生まれた広島…
  8. 被爆者から学ぶ :ニューヨークでのインタビュー 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP