3.核廃絶へのいろいろな動き

国本隆史監督が中国新聞に登場!

「ヒバクシャとボクの旅」の国本監督が、6月28日付中国新聞の『10代が
つくるひろしま国』
に登場しました。

推薦をしてくれた中学2年生は、「被爆証言を聞くと、ボクはどうしたらいいのか分からなくなる」との国本監督のつぶやきに身震いし、作中に出てくる世界の若者たちの無知さに、もっと多くの人に「原爆」を伝えていく必要を感じたそうです。

若い人への強いアピールになったようです。

(渡辺里香)

関連記事

  1. 8月5日広島イベント「みあげる」
  2. 【イベント案内】2月20日@長崎『被爆70周年を前に いま、私た…
  3. 川崎哲、ティルマン・ラフ氏の論評が各紙に取り上げられました
  4. 【報告】ノルウェーでも証言活動 vol.2
  5. 明日、神戸で開催の上映会が毎日新聞に掲載されました
  6. 10月2日@福岡、長崎 ピースボート長崎寄港に関する記者会見を行…
  7. 長崎のおりづるメンバーが、日韓クルーズ参加者の案内をしてください…
  8. ブラジルのニッケイ新聞にピースボート共同代表川崎哲のコメントが掲…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP