3.核廃絶へのいろいろな動き

鳥取でおりづる映画の上映と講演をしました

本日8月10日(水)、鳥取県教職員組合東部支部・鳥取県高等学校教職員組合東部支部の主催で、映画「フラッシュ・オブ・ホープ」の上映と川崎哲の講演の会が開催されました。教職員組合の組合員ら約30名が集まりました。写真は、映画上映の様子です。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト-鳥取映画上映会

この映画は、原爆と被爆者問題の入門教材としてはもちろん、核兵器と原子力が表裏一体となった核燃料サイクルの問題点をわかりやすく指摘している点でも今日ぜひ観てほしい内容です。原爆被爆者と出会ったスペインの若い環境活動家が「次のチェルノブイリがいつ起こるともわからない」とコメントしている点は非常に象徴的です。

ぜひ他府県においても、このように先生方がこの映画を活用して会合を開き、学校の図書館に映画を置くなどして使ってほしいと思います。これから、核に関する教育は待ったなしで必要になってきます。教育現場で子どもたちに核の危険性と非人道性についてきちんと伝えるためにも、ぜひおりづるプロジェクトの映画を積極的にご活用ください。

(川崎哲)

関連記事

  1. 長崎大学核兵器廃絶研究センター「ナガサキ・ユース代表団」参加者募…
  2. ICAN広島会議が開催されました。
  3. 「軍縮教育 ピースボートの方法論」 が国連から出版されました!
  4. 遂にオバマ大統領が広島を訪問
  5. 73年前の8月6日、私の大好きな人たちが被爆者になった。
  6. 「アクティブな平和プログラムの構想-ビジョンと評価」でプレゼンテ…
  7. UFPFF 国際平和映像祭にて「フラッシュ・オブ・ホープ」上映決…
  8. 森本順子さん『わたしたちのヒロシマ』が平和教材に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP