1.ヒバクシャ証言の航海

山下さんのご活躍がメキシコの新聞に掲載されました!(Excelsior誌)

8月21日の記事でもご紹介した在メキシコ35年のヒバクシャである山下泰昭さんが8月6日にメキシコシティで行われた平和追悼式典に参加された時の様子やご自身の被爆体験などがメキシコの新聞に掲載されました。
現地からその記事が届きましたので、英語訳と日本語訳でご紹介します!

―――――――――――――――――
Excelsior, Saturday 7 August 2010 (Mexico)(英語訳)

Marcelo Ebrard, head of the Federal District government, yesterday led a ceremony to
commemorate those who lost their lives in the atomic bomb explosions in the cities of
Hiroshima and Nagasaki.

A survivor tells his story

During the event, Yasuaki Yamashita recounted what happened to him on the 9th of August 1945
At the age of just six, he had a lucky escape. One of the American bombs launched against
Japan at the near end of the Second World War fell 2.5 kilometers from his home in the city
of Nagasaki.
Today, 65 years on from that event, Yamashita remembers in detail that moment which has
remained imprinted on his memory his whole life.

“My mother took my hand and we went into the kitchen, in that moment there was such a strong flash – understand that this was thousands of lightening flashes at the same time – and
a huge noise. My mother threw me to the ground and covered me with her body, we heard noises and felt that things were flying around, and then a sudden silence.

“In the night, we could see the city in flames, for days and days we had nothing to eat,
we were dying of hunger. My mother took us to a relative living in the country, there was
something to eat there; we walked near the epicentre and what we saw was worse then hell,
I think it is impossible to describe the living nightmare there”, he recounted during
a remembrance ceremony organised by the Federal District Government at Altar de la Patria in Bosque de Chapultepec.

He noted that the bomb which fell on Nagasaki had originally been destined for the city of
Kokura, where arms were being made, but that visibility had been bad.

-------
2010年8月7日 エクセルシオール(メキシコ)(日本語訳)

マルセロ・エブラルド連邦議会議長は、昨日広島、長崎の原爆被害者を追悼するセレモニーを
開催した。

ヒバクシャの一人、山下泰昭(やましたやすあき)氏は1945年8月9日にわが身に起こったことを
思い出し、語った。
第二次世界大戦の終盤、長崎の彼の自宅から2.5キロのところにアメリカ軍によって原子力爆弾が
投下された。当時6歳だった山下氏は幸運にも生き延びた。

今日、あの日から65年を迎えた。氏は生涯忘れられない記憶となった日のことを詳細に覚えている。
「母は私の手をとって自宅の台所に入った。その瞬間とても強い光、何千もの雷がいっぺんに落ちた
ような強い光があたりに広がった。それから爆音。母は私を床に突き飛ばし、その上から覆いかぶ
さった。ものすごい音とあらゆる物が吹き飛ばされているのを感じた。そして、突然訪れた静けさ。」

「夜、街は燃えていた。何日も、食べるものもなく、ひもじくて死にそうだった。母は、食糧事情が少し良かった田舎に住んでいる親戚のもとに私を連れて行き、爆心地を歩いた。そこで見たものは、地獄より悲惨なものだった。あの悪夢を言い表すことは到底できない。」連邦議会主催のセレモニーで山下氏は語った。

落とされた原爆は、当初(北九州の)小倉に落とされる予定だったが、当日の悪天候のため長崎に変更された。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海-メキシコ新聞1

(訳・マシュー・ヘッジス、渡辺里香)

関連記事

  1. 広島、長崎で第2回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の記者会見が…
  2. 【本船より】9月21日、マンサニージョ(メキシコ)で証言会を行い…
  3. はじめまして、おりづる
  4. 恥ずかしい国に住む私たち@ノルウェー
  5. おりづる地球10周イベント!
  6. オバマ大統領の広島訪問、三宅信雄さんのコメント掲載
  7. 核を保有する原発大国@フランス:ル・アーブル
  8. 第2回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の開催が決定しました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP