3.核廃絶へのいろいろな動き

ブラジルのニッケイ新聞にピースボート共同代表川崎哲のコメントが掲載されました!

2011年10月18日、ブラジルのニッケイ新聞に、ピースボート共同代表でおりづるプロジェクトディレクターの川崎哲のコメントが写真つきで掲載されました。

記事では、
原子爆弾による直接の被害を受けた日本が原子力発電を推進するにいたった歴史を名古屋大学特任教授の春名幹男先生が振り返り、日本の反核運動に対して脱原発運動が大きな流れとして現れなかった要因を川崎哲が市民運動の反省を踏まえて述べています。

▼被爆国と原発 反核と脱原発結びつかず 始まりは米のプロパガンダ

$    ピースボートのおりづるプロジェクト

(インターン 蓮沼)

関連記事

  1. 3月1日-14日 焼津流平和の作り方・市民のビキニデー Vol.…
  2. 広島平和宣言2012と原発
  3. おりづるスタッフ上、明日NHKの番組生出演!!
  4. サーロー節子さんインタビューが、豪州のABCラジオに流れました
  5. 柳生研太郎さんの絵本「青い空」、毎日新聞でも報道
  6. 広島の被爆者から、オーストラリアへのメッセージ
  7. 12月13日(土)「ヒロシマ・ナガサキを語り受け継ぐ集い」
  8. 8月9日長崎 折り鶴の意味、一人ひとりができる平和構築

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP