3.核廃絶へのいろいろな動き

ブラジルのニッケイ新聞にピースボート共同代表川崎哲のコメントが掲載されました!

2011年10月18日、ブラジルのニッケイ新聞に、ピースボート共同代表でおりづるプロジェクトディレクターの川崎哲のコメントが写真つきで掲載されました。

記事では、
原子爆弾による直接の被害を受けた日本が原子力発電を推進するにいたった歴史を名古屋大学特任教授の春名幹男先生が振り返り、日本の反核運動に対して脱原発運動が大きな流れとして現れなかった要因を川崎哲が市民運動の反省を踏まえて述べています。

▼被爆国と原発 反核と脱原発結びつかず 始まりは米のプロパガンダ

$    ピースボートのおりづるプロジェクト

(インターン 蓮沼)

関連記事

  1. 外務政務官「若い世代が核兵器の非人道性を世界に発信できるように」…
  2. 核兵器禁止条約「発効」で世界はどう動く?日本はどうする?
  3. 三宅信雄さん:映画監督のインタビューに答える
  4. 6月14日 ナガサキ・ユース代表団活動報告会に参加して
  5. タヒチ核実験被害者ら訪問団 来日会見の中止と、シンポジウム開催の…
  6. 第3回おりづる被爆者とパートナーのみなさんが大集合
  7. 朗読劇「夏の雲は忘れない」を観て
  8. 【報告】8月4日(日) 平和市長会議2日目&原水禁68 開催

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP