3.核廃絶へのいろいろな動き

ブラジルのニッケイ新聞にピースボート共同代表川崎哲のコメントが掲載されました!

2011年10月18日、ブラジルのニッケイ新聞に、ピースボート共同代表でおりづるプロジェクトディレクターの川崎哲のコメントが写真つきで掲載されました。

記事では、
原子爆弾による直接の被害を受けた日本が原子力発電を推進するにいたった歴史を名古屋大学特任教授の春名幹男先生が振り返り、日本の反核運動に対して脱原発運動が大きな流れとして現れなかった要因を川崎哲が市民運動の反省を踏まえて述べています。

▼被爆国と原発 反核と脱原発結びつかず 始まりは米のプロパガンダ

$    ピースボートのおりづるプロジェクト

(インターン 蓮沼)

関連記事

  1. 高齢の「友」願い共に@上毛新聞
  2. 【イベント案内】ビキニ事件から61年、「視野の外」に置かれてきた…
  3. 軍縮教育家キャスリン・サリバン博士のワークショップ
  4. メルボルンで4月17日、平和集会が開かれます
  5. キャスリン・サリバンさんを来年1月に日本へ!-クラウド・ファンデ…
  6. 伝承もオンラインで ~東野真里子さん~
  7. 本日出発!4月25日サウジアラビアにて証言会
  8. 8月、広島・長崎で映画上映会と第5回「ヒバクシャ地球一周証言の航…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP