3.核廃絶へのいろいろな動き

「被爆証言」を教材に非核へ

ピースボート共同代表の川崎晢が毎日新聞のインタビューに答えましたので、紹介します。

記事で川崎は、これまでの核廃絶に向けた世界や日本、国連や市民団体の取り組みについてその問題点を明らかにし、被爆国として、被爆者の証言を世界に伝え将来にわたって残る教材化や規範化に向けた取り組みを早急にすることが、日本が後世のために抱える責務であると訴えています。

記事は28日毎日新聞(夕刊)の大阪版に掲載されています。

▼「被爆証言」を教材に非核へ 世界的議論で法規範を

    ピースボートのおりづるプロジェクト

(インターン 蓮沼佑助)

関連記事

  1. おりづる専用facebookページが出来ました!
  2. 式典開始しました!
  3. 3/27 G7広島外相会合プレイベント ユース非核特使フォーラム…
  4. ヒバクシャと語る ~今さら聞けない核のこと~  
  5. 松山の被爆者・松浦さん、福島の被災者と共に「原発のない社会」訴え…
  6. 長崎のおりづるメンバーが、日韓クルーズ参加者の案内をしてください…
  7. 軍縮・不拡散教育グローバルフォーラム@長崎
  8. タヒチ核実験被害者ら訪問団 来日会見の中止と、シンポジウム開催の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP