3.核廃絶へのいろいろな動き

被爆バイオリンが語る被爆 ~Surviving Hiroshima~

昨年、日本一周の船旅を一緒にした被爆バイオリン。持ち主のセルゲイ・パルチコフさんの孫、ドレイゴさんがお母さん(パルチコフさんの長女)について書いた本を出版しました。”Surviving Hiroshima” https://survivinghiroshima.com/

この本によると、パルチコフさんが、ウラジオストクを脱出した時、ほとんど着の身着のままだったのに、ヴァイオリンだけはしっかりと持ち出したそうです。そして、牛田(広島市内)で被爆した時も自宅のがれきから掘り出し、それを持って避難しました。そんな奇跡が繋がって、被爆バイオリンは私たちに平和の音を奏でてくれます。

そんなことを思いながら、改めて昨年の被爆ピアノと被爆バイオリンと共に旅したクルーズの記録もご覧ください。https://peaceboat.org/29929.html

ピースボート 渡辺里香

関連記事

  1. 西オーストラリア非核連合から日本の皆さまへの連帯表明
  2. ブレイク・ザ・ニュークリア・チェインのウェブ・セミナー
  3. 【イベント紹介】もし私がそこにいたら?東京大空襲から70年・・・…
  4. おかあさんの被爆ピアノ
  5. 太平洋核実験・被ばく船員を追って
  6. せいじと核廃絶とわたし ~ひとりひとりに変える力があるということ…
  7. 「核兵器の非人道性」声明に日本政府署名拒否ー「被爆者の努力裏切っ…
  8. 「核の今」がわかる本
PAGE TOP