3.核廃絶へのいろいろな動き

メキシコ在住被爆者・山下さんが長崎で証言!

みなさま

すっかり秋になりましたね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、長崎在住の被爆二世で第4回航海にご参加いただいた阪口博子さんより素敵なご案内が届きました。

なんと、第1回、第3回航海でお世話になったメキシコ在住の被爆者・山下泰昭さんの証言会を長崎で実施するとのこと。山下さんは、この証言会のためにメキシコから来日されるそうです。

証言会は長崎で行われます。ぜひともご家族や知人のかたなどもお誘いあわせの上、証言会にご参加ください!!

以下詳細です。

——————————-
在外被爆者を支援する会
長崎被爆の山下泰昭さん(メキシコ在住)証言会
——————————-
1939 年4月12日生、当時6歳の山下さんは、平戸小屋町の自宅で被爆しました。高校を卒業後長崎原爆病院に就職(事務職)しますが、毎日原爆で人が死んで行く様や自分の血を輸血した際、その人が顔に斑点を出して死んでいくのなどを見て、日本を脱出しようと決意、好きなメキシコに移住しました、メキシコ在住40数年となります。現在メキシコ、グワナファト州サン・ミゲル・アジェンデに在住。
被爆者健康手帳は平成13年に来崎して取得しています。今回「被爆者健康管理手当」を取得するため来日されました。山下さんは、メキシコでも証言活動をおこなっていますが、先日長崎新聞でも報じられたように、 10月にはニューヨー クで高校生などにトルーマン大統領の孫と
共に証言活動を行なっています。また、ピースボートでの「おりづるプロジェクト」にも第 1回、第3回と乗船されています。
山下さんの被爆体験やメキシコやニューヨークでの活動のようすなど貴重な話が聞けるかと思います。ぜひご参加ください。

日時  11月6日(火)18時30分~
場所  長崎教育文化会館 201号室 長崎市筑後町2-1
電話番号 095-822-5195
在外被爆者支援連絡会
(連絡先 平和活動支援センター 095-822-5253)
——————————-
ピースボート 上泰歩

関連記事

  1. 朗読劇「夏の雲は忘れない」を観て
  2. 9/10 ドキュメンタリー映画上映会&報告会を開催しました in…
  3. 原発大国フランスで脱原発の動き
  4. 市民講座「世界遺産<ビキニ>から拡がる死の灰」
  5. 阪口さんから ヒバクシャ・ストーリーズの報告
  6. おりづるスタッフ上、明日NHKの番組生出演!!
  7. 川崎哲氏の講演ーヒロシマ・ナガサキを語り継ぐつどいにて
  8. ヒバクシャ映画のあらすじと監督プロフィール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP