1.ヒバクシャ証言の航海

パナマのバスガイドさんの熱い演説と、心の交流 in パナマシティ

2015年7月25日、第8回おりづるプロジェクトは105日間の証言の航海を終えて、無事に帰国しました。遅くなってしまいましたが、クルーズ中の寄港地プログラム報告をさせていただきます。

記録ドキュメンタリー映像:『I Was Her Age /過去と今の対話』

—–

2015年6月26日、ラテンアメリカ、パナマに到着しました。

まずは、みんなで世界的にも有名なパナマ運河のミラフローレス閘門(こうもん)へ行き、観光をしてから、シウダ・サベール(知識の町)のアテネ劇場へ向かいました。この知識の町はかつて軍事基地でしたが、今は企業・学術・科学・人道的協力体制にある国際的コミュニティーとなったところです。

今回は、ラテンアメリカの国連関係者に向けた

「広島・長崎70周年/ 国連創設70周年」

というイベントの中での証言会でした。

森田さんの証言に加えて、小谷さんも登壇して証言を行い、みんなで質疑応答と意見の交換をしました。

 

今回はエル・システマの6人の若者も同行していたので、イベントの最後にはエル・システマの管楽器のミニコンサートもありました。

 

彼らには、パナマの証言会の前日に船内で、廣中さんの証言を聞いてもらい交流を深めていました。

その6人がベネズエラに戻るため、パナマでお別れとなりました。

帰りのバスではエル・システマのみんなから歌のプレゼントがあり、そのお返しに僕らからは「ふるさと」を贈りました。

その光景を見ていたバスガイドのパナマの青年ホルヘさんが、パナマの地での、日本とベネズエラの熱い交流に感動して、エル・システマのみんなに

「君たちは若い、そして、人生は短い。

その中で一番大事なのは、どんな人に出会ってきたか、だ。

君たちは若くして、こんなにも貴重な素晴らしい出会いをした。

この出会いがきっと君たちの人生の大きな糧となるだろう。

パナマの地で、日本とベネズエラの熱い交流を見れて、感動した!」

と、涙を浮かべながら熱く演説をしてくれました。

エル・システマのみんなとの心の交流。そして、パナマの証言会を聞きにきてくれた方だけじゃなく、バスガイドさんにまでもヒバクシャの想いが伝わったようで、とても嬉しい瞬間でした。

僕も、ヒバクシャとの出会い、そして、世界で出会ったみんなとの出会いを大切に、人生を生きていきたいと思いました。

(文・おりづるユース 橋本昭博 スタッフ 渡辺里香 / 写真・鈴木慧南、エマ・バゴット)

*ラテンアメリカ(ベネズエラ、パナマ、グアテマラ)のプログラムの映像はこちら

関連記事

  1. 新しい日本の歌
  2. 第5回証言の航海 参加者募集(9月16日締め切り)
  3. ICAN誕生の地、オーストラリア・パースでイベント!
  4. 南アフリカはなぜ核をポイ捨てしたのか?@船内
  5. 【報告】10月28日、長崎にて市長表敬・記者会見・報告会を行いま…
  6. 8月17日(水)3時: 「非核特使」委嘱式@外務省
  7. 特集 : 被爆者田邉さん
  8. 被爆者のみなさんが中東会議「ホライズン2012」参加者と交流しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP