3.核廃絶へのいろいろな動き

『イアブック「核軍縮・平和 2011」』におりづるプロジェクトが記載されています!

核軍縮・平和2011 市民と自治体のために イアブック「核軍縮・平和 2011」という本がNPO法人ピースデポより出版されました。

実はこの本の178ページ、『ピースボートがヒバクシャ「証言航海」』という項目があり、ピースボートとおりづるプロジェクトのことが記載されています!写真も2枚掲載されています!

—————-
“今年もピースデポが総力をあげてお贈りするイアブック(年鑑)が完成しました。核軍縮問題に力点を置きつつ、日本の平和と安全保障に関する2010年の動向(一部2011年を含む)を、市民や自治体の視点から「キーワード」ごとに整理し、解説しました。豊富な一次資料、データも満載です。
2011年版の特集と柱は、「2010年NPT(核不拡散条約)再検討会議」。「核兵器のない世界」の気運が高まる中、2010年、核兵器保有国を含む各国は初めて「核兵器禁止条約」の必要性に言及しました。
また、3月11日の東日本大震災以降の、福島第一原発事故により、いま、人々の核問題への意識が高まっています。特別記事「福島事態と核兵器」では、核兵器に関する調査・研究を行ってきたピースデポならではの切り口で、核エネルギーに依存する社会の有り様をトータルに検討すべきことを提起しています。
核軍縮と平和を実現するために、市民と自治体に何ができるのか?そのヒントを満載した「イアブック」。ぜひ、お役立てください!”
    ピースボートのおりづるプロジェクト

本の内容は以下のようなものです:
■ 特集:2010年NPT(核不拡散条約)再検討会議
■ 核軍縮・2010年の概観:NPT再検討会議の成果を活かす 梅林宏道
■ 特別記事: 「福島事態と核兵器」 梅林宏道、湯浅一郎
「2010年NPT再検討会議―珠玉の演説」 谷口稜曄、スイス外相、オーストリア外相
「核兵器の時代に終止符を」 ケレンベルガー国際赤十字委員会総裁
■ 市民と自治体にできること
■ 47のキーワード 核軍縮、ミサイル防衛、自治体 ほか
■ データシート 地球上の核弾頭全データ/世界の非核兵器地帯/在日米軍/自衛隊 ほか
■ 36の一次資料:NPT再検討会議 最終文書、米NPR(核態勢見直し) ほか

詳しくはこちらのリンクをご覧になってください。

ご注文は以下の方法で可能です。
ファックス・郵便: 注文用紙PDF 
メール: office(at)peacedepot.org 《 左に(at)と書いてあるところに@を置き換えてください》
—————-
よろしくお願いいたします。(ハル)

関連記事

  1. 福山大空襲から人権を考えるー福山市人権平和資料館
  2. *8月 5日 広島と8日長崎でおりづる交流会を行います*
  3. 【メンバー募集】被爆者の思いを世界に伝える!ピースボートおりづる…
  4. 式典から首相面会へ
  5. タヒチのモルロア・エ・タトゥからの東北関東大震災へのお見舞いメッ…
  6. 世界核被害者フォーラム in 広島
  7. 第3回証言の航海参加 ブラジルの盆子原さんが朝日新聞に!
  8. イベントのおしらせー明日です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP