1.ヒバクシャ証言の航海

第4回おりづる参加者深堀さん 読売新聞「平和を願う」に掲載されました!

 第4回おりづる参加者の深堀柱さんが読売新聞「平和を願う」に記載されました。記事の中で、深堀さんは第4回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」での経験を語っています。

==記事から抜粋==

 深堀さんは、15歳時に長崎で被爆しました。そばに倒れていた学生2人を助けてあげられなかった後悔のため、2人の消息を確かめようとさまざまな資料を調べたそうです。定年退職後、語り部活動に参加し、調査を続けています。
 

    ピースボートのおりづるプロジェクト

                  ポーランドのクラクフで被爆体験を語る深堀さん(左)

 航海中、深堀さんは若者たちと被爆体験を語り合いました。若者がその内容を紙芝居を製作するなど、若者にとって平和について真剣に考える機会になったようです。

 深堀さんは、航海が終わった後も若者と交流を続けています。「若い人たちと平和への思いを共有できるのは何よりの財産。そうした絆ができたのは本当にありがたいこと」と紙芝居を見るたびに感謝の思いを強くしているそうです。

    ピースボートのおりづるプロジェクト

詳しくはこちらをご覧ください
YouTube-紙芝居:深堀さん

【過去ブログ】深堀柱さんが朝日新聞の「ナガサキノート」に!

(インターン 藤田)

関連記事

  1. イスラエル派遣団、4名の被爆者をご紹介します!
  2. 船内活動報告:ユース福岡奈織さん『はだしのゲン』企画
  3. 藤森さん、松浦さん、ダナパラさんが船上で大活躍
  4. 3月31日の毎日新聞に坂下紀子さんが掲載されました!
  5. 9月の被爆者イスラエル訪問団の様子がイスラエルのSocial T…
  6. 大学の授業で、おりづるプロジェクトで学んだことを発表しました
  7. 八千代から世界へ 世界から八千代へ つながる平和の願い
  8. 絶海の孤島、イースター島での思いがけない熱い交流

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP