1.ヒバクシャ証言の航海

チェルノブイリ特別プログラム、始まります!

4月1日、船はウクライナのオデッサ港に到着。ちょうどこの日はオデッサで年に一度の大騒ぎをするお祭りの日でしたが、被爆者一行はそれを尻目に空路キエフに向かいました。オデッサ発キエフ行きの飛行機が2時間遅延するというハプニングがあり、キエフのホテルに入り夕食にありつけたのが夜11時になってしまいましたが、それでも準備は万全。4月2日からチェルノブイリ訪問を開始します。日本チェルノブイリ連帯基金モスクワ事務局のイリーナ・ニコラエバさんが案内をしてくださいます。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト-空港にて
オデッサ空港にて2時間待たされました

$    ピースボートのおりづるプロジェクト-Kiev
4月2日、キエフの朝

(文:川崎哲)

関連記事

  1. コロールにてパラオの女性/反核活動家と交流~終わりからはじまりへ…
  2. 想いを届けた最後の洋上
  3. 300名を超える学生が被爆者を大歓迎
  4. 「おりづるユース特使」発表・ご挨拶 記者会見@広島
  5. ブラジル被爆者協会3名!サンパウロ州名誉功労賞受賞!
  6. 子どもの頃、被爆者に出会った。@フランス
  7. ラグアイラ市庁舎にて記者会見
  8. 地球一周の航海を経て、2019年を考える〜99回おりづるプロジェ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP