1.ヒバクシャ証言の航海

『おりづるユース特使』大募集!

このたび、世界一周しながら被爆者と共に核兵器の惨禍の実相を伝え、“核なき世界”の実現に向けて行動できる若者を募集します!

被爆者の平均年齢は78歳をこえ、被爆第一世代が直接の証言を出来る時間は限られています。いま若い世代が先の世代の証言に耳を傾け、その経験に学び、自らの言葉で語り行動していく道を探らねばなりません。

2013年4月に外務省が発表した「ユース非核特使」制度の新設に伴い、ピースボートでは、被爆者と共に核兵器の惨禍の実相を伝え、核なき世界の実現に向けて具体的に行動できる若者を募集します。

$    ピースボートのおりづるプロジェクト

【期間】2013年7月18日(木)~10月10日(木)
【応募方法】下記募集要項を熟読いただいたうえ、必要書類を締切日までに郵送してください。
※必要書類(応募用紙/志望動機書/レポート/履歴書など)は、電話にてお取り寄せください。
【応募〆切】2013年5月31日(金)必着

★「おりづるプロジェクト」詳細はこちら
★「おりづるユース特使」募集チラシはこちら
★「おりづるユース特使」募集要項はこちら

【問い合わせ先】
ピースボート
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1
TEL:03(3363)7561
FAX:03(3363)7562
担 当:古賀早織(こが・さおり)

関連記事

  1. メキシコシティとコズメルで被爆証言会を実施しました
  2. 【本船より】8月3日、インドで映画『爆心 長崎の空』上映!
  3. 被爆者・深堀柱さんが朝日新聞の「ナガサキノート」に!
  4. 「アンゼラスの鐘」ブラジルで上映!!
  5. 田中稔子さん、国連事務総長に面会
  6. イスラエル訪問団、無事帰国しました。10月前半に報告会を東京でや…
  7. エンセナーダ:最終寄港地でおもったこと
  8. バルセロナ紙に紹介された中村キクヨさん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP