3.核廃絶へのいろいろな動き

1月26日@中部大学「広島・長崎・福島から学ぶ、持続可能な地球をめざす討論会」

2014年1月26日(日)に中部大学で開催される「グローバルESD対話フォーラム2014」にて、ピースボートの古賀より、おりづるプロジェクトの紹介をさせて頂くことになりました!
ピースボートのウェブページでも紹介しています)

「広島・長崎・福島から学ぶ:原爆・原発のない持続可能な地域と地球の未来へ」をテーマに行われる今回のフォーラム。ESD(Education for Sustinable Development)とは、「持続可能な開発のための教育」を意味しています。2014年11月には「ユネスコESD国際会議」が名古屋で開催されることが決まっており、今回のフォーラムは、その国際会議に向けて市民や政府、そして企業から提言を行う重要な会合です。


「グローバルESD対話フォーラム2014」チラシ

3つのセッションのうち、第1セッションでは、「広島・長崎・福島から学ぶ:原爆・原発のない持続可能な地域と地球の未来へ」をテーマに、ピースボートの吉岡達也がパネリストとして登壇します。また、昨夏実施した第6回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加した長崎の被爆者である宮田隆(みやた・たかし)さんも発言されます!

ランチタイムには、昨夏出航した第80回ピースボート地球一周の船旅の報告とあわせて、「おりづるプロジェクト」の取り組みについて紹介させていただきます。また、ピースボートのプログラムの一つ「地球大学」で、脱原発をテーマに実施した会の報告をピースボートの竹内よりご紹介します!

持続可能な社会のために私たちは何ができるのか。皆で考える良い機会ですので、近郊にお住まいの皆さま、ぜひご参加下さいませ!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
<グローバルESD対話フォーラム 2014>
広島・長崎・福島から学ぶ
:原爆・原発のない持続可能な地域と地球の未来へ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【日時】 2014年1月26日(日)9:30~17:50

【会場】 中部大学三浦記念メモリアルホール
(〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200)
※交通アクセスはこちら

【参加費】 無料

【予約】 不要

【お問い合わせ】
中部大学国際関係学部 羽後研究室 中部ESD拠点推進会議
hanochi@isc.chubu.ac.jp

*イベントのフライヤーはこちら

(ピースボート古賀早織)

関連記事

  1. 「中東非核地帯」プロジェクトを発表
  2. チャリティーライブでヒバクシャ地球一周の報告をします。
  3. 森本順子さん『わたしたちのヒロシマ』が平和教材に
  4. バラ「ICAN」のいま ~広島バラ園を訪ねて~
  5. お話きこう会:ヒロシマ・ナガサキのあの日
  6. 福島南相馬市の中学生と広島被爆者、帰国記者会見(8月4日)
  7. 6.25「AbolitionNow!核なき世界の作り方」の報告(…
  8. 講演会のお知らせーヒバクシャの思いを繋ぐー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP