1.ヒバクシャ証言の航海

おりづる被爆者インタビュー!【杉野信子さん】

ユースの浜田あゆみです!

本日は杉野信子さんにインタビューしてきました!のぶちゃんというあだ名で、夜の一本のビールを楽しみに昼は控えめ、おやつはほぼなし!の、のぶちゃん。突撃お宅訪問をしてインタビューをしてきました。今夜はペルー明けで船が少し揺れ、船酔い気味でビールは飲まなかったそう。同室の中村元子さん(もっちゃん)は「珍しいでしょー!」と笑っていました。船酔いにも関わらず笑って答えてくれたのぶちゃん、どうもありがとうございました!


杉野信子さんをインタビュー!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
浜田: のぶちゃんはピースボートは三回目、今回は初めての世界一周ですね。三度目のピースボート、そして初めての世界一周、いかがですか?
のぶちゃん: 二か月がすんごく早くて、びっくりしています。早すぎ!

浜田: 何か恋しいものはありますか?
のぶちゃん: 四歳になるココちゃん(孫)に会いたいわねー。入園式も行けなかったし。
もっちゃん: のぶちゃんはものすごいかわいいんよー!横浜から出航する時はね、この部屋の窓に上がってね、ここちゃーん、ここちゃーん!って言ってたのよ。台が壊れると思ったわ。面白かったわよー

浜田: 先日のぶちゃんは初のニューヨークも行かれました。五番街や、タイムズスクエアを歩いたときの感想は?
のぶちゃん: I’m in New York! ニューヨークにいるんだ、私は!って感じ。


おりづるのファッションリーダー、素敵なニューヨーカーに!

浜田: 証言会はどうでしたか?ハードスケジュールだったと聞いていますが。
のぶちゃん: ハードだったけど、私の証言で涙流す学生さんたちがいて、こちらが感動しました。


ニューヨークの高校で証言する杉野さん


杉野さんの話を聞いて涙を流す人の姿も

浜田: 今までで一番印象的だった土地は?
のぶちゃん: ヨルダンかな。難民一世の衝撃的なお話を聞いたから。最初の一声の、「この苦しみは誰にも通じない」という言葉。それと、景色と言えばコルトかな。


パレスチナ難民一世の方の証言、ヨルダンにて

浜田: コトルですね?笑
のぶちゃん: そうそう。コルトの方が言いやすいよね。笑 あのフィヨルド!もちろんレストランも。ガラス張りのね!雨だから大変だったけどね。本当はノルウェー行って、フィヨルドを見たいと思ってたけど、もうそこに行かなくてもいいと思ったくらい。

コトルのフィヨルド。息をのむほどの美しさです。

浜田: 船旅はあと一か月ちょっとですが、意気込みをどうぞ。
のぶちゃん: ボラボラ島の海で泳ぐことだー!(のぶちゃんは、水泳の先生を30年していました。)寒くても泳ぐぞー!

浜田: では、ちなみに、おりづる被爆者としての意気込みは?笑
のぶちゃん: うーん。。。
もっちゃん: 今日は一杯飲んどらんけ、出てこんね。笑
のぶちゃん: 二度と被爆者を作りたくないわね。孫の為に!・・・編集局長さん、うまく書いといて。笑

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

とのことでした。いつも明るいのぶちゃん。見てると私の母親を思い出します。お酒好きなのぶちゃんと私は世代を超えた飲み友達です。たまにのぶちゃんともっちゃんのお部屋にお邪魔して缶ビールを一杯。お二人が持参している日本のおつまみを頂いています。船旅もあと三週間!本当に、早い早い!


ムードメーカーののぶちゃん。これからもよろしくお願いします!

(おりづるユース特使 浜田あゆみ)

関連記事

  1. 99おりづるプチ同窓会@広島
  2. ロンドン~核保有国にて~
  3. 「語る必要性 あらためて」@中国新聞
  4. ペルー・カヤオでの証言活動報告
  5. 市民と寄り添う市長@長崎
  6. 女性が世界を変える。@スウェーデン
  7. 「新安保法案に一言 国民目覚める好機」過去乗船者:宮田隆さん
  8. 国を動かす人と連帯していく@ポルトガル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP