1.ヒバクシャ証言の航海

「語る必要性 あらためて」@中国新聞

第8回おりづるプロジェクトに参加した廣中正樹さんが9月2日の中国新聞に掲載されています。今回の証言の航海を通して「改めて語る必要性を感じた」とのことです。http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=50631

取材時、ピースボートの船上で買った「地球一周」のロゴの入ったTシャツを
着てくださっています。

反応はどうでしたか。という質問に対して以下のように答えていらっしゃるのが
印象的です。
「証言後、アイスランドのレイキャビク市の市長は涙を流し、私の肩を抱きながら「心を動かされた。また来て話してください」と言った。子どもたちからも握手を求められた。被爆の実相や、核兵器廃絶への思いが伝わったと、涙が出るほどうれしかった。 」

廣中さんは、新聞の取材や報告会など、帰国後精力的に活動されています。
その時には記録ドキュメンタリー映画の上映も忘れないそうです。
 *映像はこちらからご覧になれます。https://vimeo.com/137809836

ピースボート 渡辺里香

関連記事

  1. 第5回おりづるプロジェクト船内レポート①
  2. 松井一実広島市長との面会+記者会見
  3. いってきます!そして出航記者会見のお知らせ
  4. 被爆者との出会いを卒業研究に!
  5. 【本船より】9月21日、マンサニージョ(メキシコ)で証言会を行い…
  6. 【寄港地報告】ベトナム(ダナン)‐共通の基盤を探し、平和な未来へ…
  7. 神戸大学「被爆者の『語り』を考える」
  8. 「非人道的な破局から核兵器廃絶へ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP