1.ヒバクシャ証言の航海

第9回「ヒバクシャ地球一周」の参加者が決まりました。6月9日午後、広島市役所で記者会見を行います

(2015年8月に広島の松井市長を表敬訪問した第8回プロジェクトの参加メンバー)

このたび第9回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」(2016年8月18日~11月29日)のプロジェクト参加者が決まりました。「世代と国境をこえた継承--核兵器の禁止へ」をテーマにした今回のプロジェクトは、自らは直接の体験をもたない被爆二世と継承者が参加することが特徴です。今回、航海に参加するのは計9名。内訳は被爆者5名、二世・継承者2名、ユース2名です。来る6月9日(木)に詳細を発表する記者会見を行います。

■記者会見
日時 : 2016年6月9日(木)14:00~
場所 : 広島市役所市政記者室にて
出席者: ピースボート共同代表 川崎 哲(かわさき あきら)
      プロジェクト参加被爆者らのうち若干名(全員ではありません)が会見に同席します
内容 : 参加被爆者、二世・継承者、ユースの発表。
プロジェクトの概要説明 等
より詳しくはこちらから。

今回の公開では、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)や日本被団協による核兵器禁止条約を求める世界的呼びかけと連携して、世界各地での活動を展開していきます。記者会見の翌日には、参加者による第一回オリエンテーションが広島市内で行われます。プロジェクト概要はこちらをご覧ください。その他おりづるプロジェクトの最近の動きに関する情報はこちらから。

関連記事

  1. タヒチ・プレス 2011年2月4日
  2. 「非人道的な破局から核兵器廃絶へ」
  3. メキシコ~リーダーシップを取る国~
  4. インド英語レポート
  5. 8月6日 広島での体験を聞く(三宅信雄さん)
  6. 「8.9」を忘れない@9/10西日本新聞
  7. カルタヘナ寄港地レポート
  8. 原発に関心の高いイタリア・ナポリで証言会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP