1.ヒバクシャ証言の航海

「8.9」を忘れない@9/10西日本新聞

第5回おりづるプロジェクトに参加された小川忠義さん。

長崎市のナガサキピースミュージアムで行われた写真展のことが掲載されました。

(2017年9月10日付 西日本新聞)

小川さんは1歳半で長崎で被爆しましたが、当時の記憶はありません。

記憶のない被爆者がどのように次世代に伝えていくのか。

たくさんの継承の形が或中で好きなカメラを使い継承していきます。

「8.9」の原爆投下時刻にシャッターを切るプロジェクトです。

関連記事

  1. 第5回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」オリエンテーションin広…
  2. 被爆者とともに、持続可能な未来へ ~ピースボート35周年&第99…
  3. さるく企画~わたしは~わたしがえらぶ
  4. 2012年8月の広島・長崎を振り返って②
  5. [寄港地報告] パペーテ(タヒチ)
  6. 船内の活動報告:イスラエル・パレスチナの国際学生と交流!
  7. 人権を重んじる国@カナダ
  8. 核兵器を廃絶する条件@シンガポール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP