1.ヒバクシャ証言の航海

「8.9」を忘れない@9/10西日本新聞

第5回おりづるプロジェクトに参加された小川忠義さん。

長崎市のナガサキピースミュージアムで行われた写真展のことが掲載されました。

(2017年9月10日付 西日本新聞)

小川さんは1歳半で長崎で被爆しましたが、当時の記憶はありません。

記憶のない被爆者がどのように次世代に伝えていくのか。

たくさんの継承の形が或中で好きなカメラを使い継承していきます。

「8.9」の原爆投下時刻にシャッターを切るプロジェクトです。

関連記事

  1. 「非人道的な破局から核兵器廃絶へ」
  2. 第5回おりづるプロジェクト船内レポート①
  3. 「被爆者と若者が共に作る未来」をテーマに、第7回おりづるプロジェ…
  4. 記憶のない被爆者がつなげる言葉
  5. [寄港地報告] マンタ(エクアドル)
  6. プロジェクトに関わる若者たち
  7. イスラエルでの活動を終え、エジプト入りしました
  8. 9月17日、18日 エルサルバドルでの証言会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP