おりづるプロジェクト2018

被爆者とともに、持続可能な未来へ ~ピースボート35周年&第99回クルーズ出航!

皆さん、こんにちは。

ピースボートスタッフの寺地亜美です。

 

9月1日(土)、いよいよ第99回ピースボートの出航の日を迎えました。

雨が予報されていましたが、願いが通じたのか、清々しい天気の中出航することができました!

 

 

 

遡ること35年前。

1983年9月2日、第1回ピースボートクルーズは、「反核をたたかう太平洋の島々と交流する船旅」として大海原に出航しました。学生たちが主体となりはじまったこのクルーズは、約159人の参加者と共に太平洋の島を12日間でめぐる船旅でした。

 

そして今回、第99回ピースボート「地球一周の船旅」が、被爆者2名とユース1名を含む約1000人の参加者を乗せ世界21カ国24寄港地をめぐる108日間の旅へ横浜港から出航します。

 

今クルーズでは、おりづるプロジェクトに取り組むことはもちろんですが、「持続可能な開発目標(SDGs)のアクションキャンペーンの公式パートナーとして、地球環境の問題にも積極的に取り組んでいく予定です。

 

 

出航前には記者会見を行い、船に乗り込む前の抱負を、おりづるプロジェクトメンバーお一人ずつ述べていただきました。

 

 

原爆は73年前の歴史ではなく、今も続いている悲劇なのだということ。核を持つことが平和につながるのではなく、核兵器をなくすことが重要であること。被爆者の平均年齢が82歳を越えた今、船旅に参加したくてもできなかったかもしれない、ほかの被爆者の方々の思いも伝えていきたいということ。お二人がそれぞれに感じている「使命」について話してくださいました。

 

記者会見を終え、船に乗り込んでからの「出航式」では、代表して塚本美知子さんがスピーチを行いました。

お見送りに来てくださった皆さんへ手を振って、

「行ってきます!!!」

 

それでは皆さん、行ってきます!!

 

 

ピースボート 寺地亜美

 

▼メディア報道一覧

神奈川新聞
2018年9月2日 被爆者「核なき世界訴えたい」ピースボート横浜出航
http://www.kanaloco.jp/article/357932

毎日新聞
2018年9月2日 「核兵器廃絶へ出航」 被爆者も搭乗 横浜港

 

https://mainichi.jp/articles/20180902/ddl/k14/040/014000c

 

 

 

 

関連記事

  1. ICAN創設者と出会い、核問題を考える気持ちに!
  2. おりづるプロジェクト2018 ヒバクシャ地球一周に参加する被爆者…
  3. ”平和都市”ひろしまの地面の下@船内
  4. 人権を重んじる国@カナダ
  5. 継承の旅へ~非核特使委嘱式を受けました~@外務省
  6. 核兵器を廃絶する条件@シンガポール
  7. 被爆者の方と旅した私の56日間
  8. 日本語を学ぶ学生との交流@アイスランド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP