3.核廃絶へのいろいろな動き

ユース安藤真子さん「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」

おりづるユースの安藤真子さんが、2018年オセアニアをめぐるクルーズで被爆者に出会い、一緒に核兵器のない世界を目指して過ごした日々のことを「女性のひろば」という冊子に綴りました。


女性のひろば 2019年8月号

素直な感覚がちりばまっており、胸に響きます。そしてアボリジニーの方の話には涙がでました。
この冊子を入手が難しい方でも、同じタイトルでピースボートのウェブサイトにも寄稿してもらっています。
「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」
https://peaceboat.org/24424.html

関連記事

  1. バラ「ICAN」のいま ~広島バラ園を訪ねて~
  2. UFPFF 国際平和映像祭 2011 横浜及び全国にていよいよ…
  3. ニューヨークで『ヒバクシャ・ストーリーズ』始まりました!
  4. ピースデポ イアブック「核軍縮・平和 2013」が発行されました…
  5. 「被爆人形撤去 反対訴え」おりづるパートナー小盛早季菜さん、中国…
  6. 『ヒバクシャとボクの旅』国立で上映会!
  7. 李鐘根さんが朝日新聞に紹介されています
  8. 通販生活に川崎哲のインタビュー記事が掲載されました!
PAGE TOP