3.核廃絶へのいろいろな動き

ユース安藤真子さん「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」

おりづるユースの安藤真子さんが、2018年オセアニアをめぐるクルーズで被爆者に出会い、一緒に核兵器のない世界を目指して過ごした日々のことを「女性のひろば」という冊子に綴りました。


女性のひろば 2019年8月号

素直な感覚がちりばまっており、胸に響きます。そしてアボリジニーの方の話には涙がでました。
この冊子を入手が難しい方でも、同じタイトルでピースボートのウェブサイトにも寄稿してもらっています。
「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」
https://peaceboat.org/24424.html

関連記事

  1. 「ヒバクシャとボクの旅」の予告編ができました!
  2. 第3回証言の航海参加 ブラジルの盆子原さんが朝日新聞に!
  3. 市民社会フォーラム、大阪にてヒバクシャ映画上映会!
  4. 松山の被爆者・松浦さん、福島の被災者と共に「原発のない社会」訴え…
  5. 未来につなぐ被爆の記憶~オンラインを活用した新たな継承へ~
  6. 元ピースボートスタッフ畠山澄子さんが英国で活躍しています
  7. 中国新聞の記事より:「ユース非核特使」の課題と展望
  8. 10月22日(金)、鎌倉・九条の会の学習会&UFPFF 国際平和…
PAGE TOP