3.核廃絶へのいろいろな動き

ユース安藤真子さん「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」

おりづるユースの安藤真子さんが、2018年オセアニアをめぐるクルーズで被爆者に出会い、一緒に核兵器のない世界を目指して過ごした日々のことを「女性のひろば」という冊子に綴りました。


女性のひろば 2019年8月号

素直な感覚がちりばまっており、胸に響きます。そしてアボリジニーの方の話には涙がでました。
この冊子を入手が難しい方でも、同じタイトルでピースボートのウェブサイトにも寄稿してもらっています。
「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」
https://peaceboat.org/24424.html

関連記事

  1. 核の先制不使用について
  2. 2021年夏 子どもたちと平和を考える ~被爆を生き抜いた2つの…
  3. 8月7日、ナガサキへ
  4. 6月25日、国際核廃絶デー 、「Abolition Now!核な…
  5. 橋爪文さん 「ヒロシマからの出発」出版
  6. 11月7日 長崎でピースイベントを開催!
  7. 【報告】中村紘さん&福島子どもプロジェクト
  8. 【報告】9月6日(金)千羽鶴を大使館へ届けるプロジェクトが始まり…
PAGE TOP