3.核廃絶へのいろいろな動き

ユース安藤真子さん「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」

おりづるユースの安藤真子さんが、2018年オセアニアをめぐるクルーズで被爆者に出会い、一緒に核兵器のない世界を目指して過ごした日々のことを「女性のひろば」という冊子に綴りました。


女性のひろば 2019年8月号

素直な感覚がちりばまっており、胸に響きます。そしてアボリジニーの方の話には涙がでました。
この冊子を入手が難しい方でも、同じタイトルでピースボートのウェブサイトにも寄稿してもらっています。
「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」
https://peaceboat.org/24424.html

関連記事

  1. 【報告】平和市長会議が閉幕しました
  2. 広島から豪首相へ送られた平和の書簡
  3. PBインターンとして、おりづるプロジェクトに関わって
  4. 10月27日(日)日韓の市民が長崎を訪れます
  5. ヒバクシャと出会うカフェ
  6. ヒバクシャと語る ~今さら聞けない核のこと~  
  7. ノーベル平和賞!「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」が受賞…
  8. 核兵器禁止条約交渉会議直前国内一斉行動
PAGE TOP