3.核廃絶へのいろいろな動き

核兵器が二度と使われてはいけません:今こそ被爆者の経験に耳を傾けよう

2022年2月24日ロシアがウクライナを軍事侵攻して以来、プーチン大統領によって核兵器の使用さえもほのめかされています。広島・長崎で原爆を経験した被爆者たちは衝撃を受け、非常に懸念しており、核兵器が使用されないようにメッセージを発し、訴えています。

被爆者は、核兵器が使用された場合に人類にどのような影響を及ぼすのか、そのことを直接経験した真のエキスパートなのです。そんな被爆者からの警告と核兵器使用を回避するためのアクションの呼びかけに耳を傾けてください。

今こそ世界の人に聞いてもらいたいと、ピースボートではそれらの声や訴えを集めて、英語やロシア語などで発信することにしました。

メッセージはこちら(英語):
https://peaceboat.org/english/news/no-nuclear-weapons-use-hibakusha

関連記事

  1. ついに、核兵器禁止条約の発効が決まりました!
  2. 菅首相が「非核特使」と懇談
  3. サヘル・ローズさん、バラ「アイキャン(ICAN)」が生まれた広島…
  4. おりづるインターンの鈴木 俊平です
  5. メディアと福島の子どもたちの声
  6. 広島県の高校生に朗報です!
  7. おりづる新年会2020
  8. 【報告】ニューヨークでの活動から学んだこと
PAGE TOP