3.核廃絶へのいろいろな動き

核兵器が二度と使われてはいけません:今こそ被爆者の経験に耳を傾けよう

2022年2月24日ロシアがウクライナを軍事侵攻して以来、プーチン大統領によって核兵器の使用さえもほのめかされています。広島・長崎で原爆を経験した被爆者たちは衝撃を受け、非常に懸念しており、核兵器が使用されないようにメッセージを発し、訴えています。

被爆者は、核兵器が使用された場合に人類にどのような影響を及ぼすのか、そのことを直接経験した真のエキスパートなのです。そんな被爆者からの警告と核兵器使用を回避するためのアクションの呼びかけに耳を傾けてください。

今こそ世界の人に聞いてもらいたいと、ピースボートではそれらの声や訴えを集めて、英語やロシア語などで発信することにしました。

メッセージはこちら(英語):
https://peaceboat.org/english/news/no-nuclear-weapons-use-hibakusha

関連記事

  1. ピースボートと平和市長会議、ブラジルでの取り組み
  2. ICAN事務局長講演会「核兵器は本当になくせるの?ICANに聞い…
  3. 「本物に触れ、感情を大切にし、行動する」を学ぶ ~東海大学付属静…
  4. 3月5日「平和・核廃絶にむけたオンラインフォーラム」
  5. メキシコで平和追悼記念式典
  6. タヒチのモルロア・エ・タトゥからの東北関東大震災へのお見舞いメッ…
  7. タヒチの核実験被害者と若者らが来日します
  8. 【紹介】「スティーブン・リーパーさんに聞く」朝日新聞(2013年…
PAGE TOP