3.核廃絶へのいろいろな動き

橋爪文さん 「ヒロシマからの出発」出版


第一回おりづるプロジェクトにご乗船頂いた詩人の橋爪文さんが、ご自身の著書「新版 少女・14歳の原爆体験記」に加筆し、幼なじみが描いた絵も加えて「ヒロシマからの出発」を出版されました。(今年8月)原爆投下から70年の来年には英訳版も出版される予定です。

橋爪さんはまだ十分に書き残せていないことがあるとおっしゃり、「この本は、平和について考え続けてきた私のメッセージ。今後も思い出したり、考えたりしたことを書き留めていきたい。1人でも多くの人が、原爆や命について考えるきっかけになれば」と話していらっしゃいます。

お求めは、ヒロシマ市内の書店か、「トモココーポレーション」にお申し込みください。(TEL 082-502-0428 FAX 082-502-6305 Mail tomo@tomo-corp.com)

☆送料:1冊 250円
☆お申し込みに必要な情報:
冊数、住所、氏名、電話番号、送付先住所(住所と同じ場合は不要)

<参考サイト>
▼橋爪文さん『新版 少女・14歳の原爆体験記』の紹介
http://ameblo.jp/hibakushaglobal/entry-11140154306.html

▼橋爪文さん 「広島から日本のみなさん、世界のみなさんへ」
http://ameblo.jp/hibakushaglobal/entry-10902685850.html

▼中日新聞 被爆体験を詩・文章で伝える橋爪文さん 命の大切さを語り継いで
http://edu.chunichi.co.jp/weekly/?p=2384

ピースボート 渡辺里香

関連記事

  1. ピースボートと平和市長会議、ブラジルでの取り組み
  2. ユース非核特使フォーラム
  3. 3/27 G7広島外相会合プレイベント ユース非核特使フォーラム…
  4. 10月17日、ニューヨークで中高生向けの証言会が開かれます。トル…
  5. 「被爆証言」を教材に非核へ
  6. 被爆75年広島を振り返る 出会いとこれから
  7. 【イベント案内】ビキニ事件から61年、「視野の外」に置かれてきた…
  8. バラ「ICAN」のいま ~広島バラ園を訪ねて~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP