2008年_第1回ヒバクシャ地球一周(第63回ピースボート)

5月8日、おりづるユース勉強会が行われました。

5月8日(金)のおりづる勉強会では
第1回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」参加者の浅野雅彦さんに来ていただき、
主に原子爆弾が投下に至るまでについてのお話を伺いました。

ご自身で作られた資料をもとに、
原爆開発までの道のりや空爆の歴史なども教えてくださいました。

ヒバクシャ地球一周 証言の航海

「無差別性」と「空爆」の発展が原爆に最終的にはつながっている部分もあるというのは
非常に興味深くおもしろい視点でした。
また、パンプキン爆弾の話など、少し前までは語られてこなかったような話もしてくださり、
とても有意義な勉強会になったのではないかと思います。

今回はじめての参加の方も含めて
10名弱のユースが集まりました。

今後はもっとインタラクティブなみんなが積極的に発言、参加できる
勉強会を目指していきたいと思っています。

ヒバクシャ地球一周 証言の航海

次回は22日の予定、
初めてのかたも大歓迎です。
ぜひお越し下さい。

(文責:畠山澄子)

関連記事

  1. ジュネーブにて国連軍縮本部訪問
  2. ニュージーランド先住民族マオリとヒバクシャとの交歓
  3. ロシアに鳴り響いた「長崎の鐘」と「ふるさと」 in サンクトペテ…
  4. 船の引っ越し、そしてモナリザ号による最初の寄港地マルタでの交流
  5. メキシコシティ訪問団①:日本政府
  6. 出航直前に行われた外務省訪問と記者会見報告★
  7. ヒバクシャ、国連ラジオに出演
  8. どんな未来を選び作るのか考えていく。@グアテマラ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP