1.ヒバクシャ証言の航海

第2回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」プロジェクト参加者を紹介します!

今日は第2回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加している
プロジェクト参加者のみなさんを紹介していきたいと思います。

今回参加してくれたみなさんはそれぞれ個性があってとっても素敵な方々です。
順不同で写真と共に紹介します。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫大野允子(おおのみつこ)さん
被爆地:広島、77歳
女学生の時に被爆。子どもを対象にした児童文学を多く手がけ、
広島を舞台とし た作品を書き続けています。
船内では文学を通して原爆を考える企画をやっています!

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫計屋道夫(はかりやみちお)さん
被爆地:長崎、71歳
8歳で被爆。長崎の高校教員として36年間勤めていた。
各学校で被爆体験を語るり、カナダ友好協会の一員として、
カナダの子ども達に平和を訴えたことがある。
とにかく「若い子と一緒に伝えたい」とおりづるパートナーと
たくさんの企画をやる他、原爆とは関係ない自主企画も多くやっている。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫大崎静子(おおさきしずこ)さん
被爆地:長崎、69歳
被爆当時5歳。爆心地4.6kmにて被爆。
長崎を訪れる修学旅行生にホテルで被爆体験を話している。
在外被爆者(韓国)への支援活動についても話しており、
毎年、8月9日に平和祈念日向けて小中学生に平和学習を行う。
船内では毎朝「原爆許すまじ」など歌の練習を行う。
大崎さんの周りにはいつも平和のハーモニーが響き渡る。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫田邉俊三郎(たなべしゅんさぶろう)さん
被爆地:広島、84歳
20歳の時に被爆。NPT再検討会議・要請団に参加した経験を持つほか、
ヨーロッパ、アメリカなどでも遊説も繰り返してきた。
アウシュビッツ交流遊行会にも参加している。
船内の若者を「孫」と呼び、みんなからは「おじーちゃん」と親しまれ大人気!
どのTシャツにも自分で縫いつけたトレードマークのチャック付きポケットが。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫新見博三(にいみひろぞう)さん
被爆地:広島、70歳
6歳に爆心地より1.7kmでの被爆。
教職員として勤務し、退職後はヒロシマピースボランティアとして活動。
事前にピースボートに乗船する予定だった若者が行った
スタディーツアーの案内をしたこともあり船内でも若者との接点が多い。
フォーマルディナーの時には「お父さん!」とたくさんの男の子がよってきていた。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫西岡洋(にしおかひろし)さん
被爆地:長崎、77歳
1994年ソウルで行われた韓国人原爆犠牲者追悼式に参加。
1996年Abolition2000 に参加し、アメリカで各地で被爆体験を語る。
韓国語も英語もペラペラ。
ベトナムでは枯れ葉剤被害者支援センターで英語のスピーチを行った。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫石橋千鶴江(いしばしちづえ)さん
被爆地:広島、68歳
被爆当時は4歳で、母親の実家の白島に身を寄せていた。
8月6日の朝早く祇園に行っていて助かった。
しかし、姉とその子ども達は2~3週間の内に次々と亡くなった。
毎年平和行進のお手伝いをしている。
手先が器用な「ちづちゃん」は毎日折り鶴を折る企画を藤井節子さんと共に行っている。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫長曽我部久(ちょうそかべひさし)さん
被爆地:広島、73歳
熊本市原爆被害者の会と熊本被団協に所属。
平和美術展への出展や被爆体験トークを企画している。
木版画が得意で原爆をテーマに数々の作品を今までにも作ってきた。
オセアニック号をハガキに刷ったものは大人気!

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫小西伸一(こにししんいち) さん
被爆地:長崎、69歳
爆心地から4kmの大浦天主堂にて被爆。
修学旅行・ボランティア観光ガイドなどで平和学習を促進。
小学校・子ども会・公民館などで原爆の語り部をして活動。
キリスト教信者としてのメッセージをもつ。
川柳が得意で船内では若者と一緒に川柳を使ってのメッセージ発信も試みる。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
チューリップ紫藤井節子(ふじいせつこ)さん
被爆地:広島、63歳
母親の胎内での被爆した今回唯一の胎内被爆者。
被爆当時の記憶は無いが、若い被爆者として今後の証言活 動の継承を模索したい。
いつも笑顔で前向きなことからあだ名は「ニコちゃん」
場を和ませる名人です。

関連記事

  1. 全国をめぐるキャラバンがさいたま市役所を訪問!!
  2. マドリッドでグリーンピースと交流
  3. 広島にて帰航会見
  4. 輝いた人生を送るためにやるべきこと@メキシコ
  5. 英語で証言”世界に語り伝えたいヒロシマ”
  6. 【報告】第6回「証言の航海」フランスでエコハウス・ルバタスセンタ…
  7. 【イベント案内】1月14日(火)広島、『被爆70周年を前に いま…
  8. 広島報告会で継承を考える。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP