3.核廃絶へのいろいろな動き

「フラッシュ・オブ・ホープ」が国連の軍縮教育教材として取り上げられました!

ヒバクシャ地球一周のドキュメンタリー映画(「フラッシュ・オブ・ホープ」)が、国連の軍縮教育の教材として取り上げられました。

UN Office of Disarmament Affairs (UNODA)

Flashes of Hope: Hibakusha Traveling the World

Directed by Costa Rica’s Erika Bagnarello, the film, “FLASHES OF HOPE: Hibakusha Traveling the World,” captured the voices of 102 victims of the atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki during World War II. The film is about human resilience and the determination of the Hibakusha (atomic bomb survivors) to deliver a message of hope. The voyage was meant for the atomic bomb survivors to pass along their stories, memories, suffering and hope for the future through interaction with people they met at each stop, such as activists, politicians and ordinary citizens. The Hibakusha tell the world about the tragedies that took place 64 years ago in Hiroshima and Nagasaki in order to protect others–regardless of their nationality–from ever having to experience the same horrors they faced.

The 62-minute documentary filmed the atomic bomb survivors’ four-month global journey aboard the vessel of Japan-based non-governmental organization Peace Boat, which visited a total of 23 ports in 20 countries from Sept. 7, 2008 to Jan. 13, 2009.

More information on the film is available at http://www.peaceboat.org/english/index.html. Individuals and groups wishing to purchase the DVD may contact pbglobal@peaceboat.gr.jp.

—以下、フラッシュ・オブ・ホープの説明文のみ日本語訳—-

国連軍縮局(UNODA)

http://www.un.org/disarmament/education/films.html

フラッシュ・オブ・ホープ -世界を航海するヒバクシャたちー

コスタリカ出身のエリカ・バニャレロ監督作品「フラッシュ・オブ・ホープ -
世界を航海するヒバクシャたちー」は第二次世界大戦で広島、長崎に落とされた
原爆の被害者102人の声を収めている。希望のメッセージを伝えようという、ヒ
バクシャ(原爆の被害者)の人間としての再生と決意を追った。この航海では、
ヒバクシャが各寄港地で平和活動家、政治家、一般市民たちとのやりとりを通し
て、自分たちの経験、記憶、苦しみ、そして未来への希望を伝えた。ヒバクシャ
は、国籍に関わらず全ての人が二度と同じ悲劇を経験しないように、64年前に広
島と長崎で起きたことを世界に伝えている。

ヒバクシャが、日本の国際NGOピースボートで2008年9月7日から2009年1月13日の
4ヶ月で20カ国23寄港地をまわったの60分間の記録。

詳しくは http://www.peaceboat.org/english/index.html.
映画DVDを購入したい方は pbglobla@peaceboat.gr.jpへ

(訳・渡辺里香)

関連記事

  1. 核兵器を語り継ぐ映画祭
  2. 【報告】平和市長会議が閉幕しました
  3. Yes! キャンペーン、NPT再検討会議にむけて
  4. 12月13日「核軍縮・不拡散議員連盟(PNND)日本」総会が行わ…
  5. 10月9日 川崎哲!緊急帰国報告会!
  6. 【あす夜・ETV特集】立花隆さん、若者へのメッセージとは?
  7. ユース安藤真子さん「被爆者になるのはいつも誰かの大事な人」
  8. 福島原発事故に対して、おりづる被爆者池田さんから菅首相への手紙

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP