3.核廃絶へのいろいろな動き

メキシコで平和追悼記念式典

メキシコ在住の被爆者で、ピースボートには第63回クルーズ(第1回おりづるプロジェクト)に乗船、第69回クルーズ(第3回おりづるプロジェクト)ではメキシコシティでの活動に助力してくださったヤマシタヤスアキさんのご活躍の模様が届いていますので、ご報告します。(奥村早苗)

——————————

8月6日メキシコシティ

メキシコの首都メキシコシティでは市の主催で広島・長崎65周年平和追悼記念式典が行われました。
街の中心部に位置するチャプルテペック公園にて行われた式典では、メキシコシティ市長のマルセロ・エブラルド氏が挨拶をしました。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
平和追悼記念式典に参列するメキシコシティ市長とヤマシタヤスアキさん

「私が6歳の時とても強い光を見ました、それは1000の稲妻が同時に輝いたような光景ですさまじい爆音が響き渡りました。それは私の家から500mほど離れた場所でした。私の夢は人々が戦争に怯えないで暮らせるようになることです。戦争は何も残さない」と、原爆の体験と核廃絶の思いを市民に向けて語ったのはメキシコ在住の長崎被爆者のヤマシタ・ヤスアキ氏。
OPANAL(ラテンアメリカとカリブ核兵器禁止機構)の代表のヒオコンダ・ウベダ
氏も式典に参加、世界の都市に核廃絶を呼びかけた。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
長崎での原爆体験を話すヤマシタヤスアキさん

マルセロ市長は去年9月に広島の秋葉市長がメキシコに訪れた際に平和市長会議に加盟、ラテンアメリカに平和市長会議を広める活動のリーダーシップを引き受けた人物で核廃絶に関しても活発的に活動をしています。
「広島長崎への原爆投下は人類史至上もっとも悲劇的な出来事だ、忘れてはならない。私は全力で核兵器の増加を阻み、既に所有している国には国際法をもって使用を禁止させる」と繰り返し語った。

ピースボート ヒバクシャ地球一周 証言の航海
こどもたちに囲まれて記念撮影

(草深ひろし)

関連記事

  1. 「核の今」がわかる本
  2. 8月9日長崎 折り鶴の意味、一人ひとりができる平和構築
  3. 奈良教育大学付属小学校からの贈り物
  4. 【お知らせ】東京ピーススタディーツアーを開催します
  5. 8月7日、初めての長崎の感想
  6. 【報告】8月7日(水)長崎入り&イベント参加
  7. 核兵器を語り継ぐ映画祭
  8. メキシコで被爆者・高校生と証言活動を行いました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP