3.核廃絶へのいろいろな動き

国本監督の活躍が取り上げられています!

奈良新聞を引退後、フリージャーナリストとして活躍されている川瀬さんが「ヒバクシャとボクの旅」の監督である国本監督を取材され、記事になっています。このインタビューは、全7回で毎週掲載されるそうですので、次号も是非お楽しみに!

---------------------------
金曜インタビュー
「ヒバクシャとボクの旅」を撮った映画監督国本隆史さんに聞く ①:川瀬俊治

$    ピースボートのおりづるプロジェクト
8月の釜が崎の夏祭りでの上映会で国本隆史監督の「ヒバクシャとボクの旅」というビデオ作品を見た。被爆体験をどう継承するのかという問題を見据えた秀作だ。今年29歳の若手の映画監督に話を聞いた(このインタビューは7回にわたり掲載されますので、隔週ではなく毎週掲載します)

—映像とのかかわりはいつからでしょうか。
国本 東京の大学時代からです。専攻は社会調査論でして、ビデオを持って、フィールドワークへよく出かけていました。指導教官が、長崎の被爆者の生活史調査を30年以上続けている方で、長崎に行って、被爆された方のお話を伺う機会もありました。卒業論文では、ビデオ作品をつけて提出しました。そのとき作ったのは、2002年のワールドカップの日韓のサポーターの比較研究で、新宿区大久保や韓国へ行き、応援に参加する日本人、在日コリアン、韓国人のサポーターにインタビューをし、30分の映像にまとめたものです。僕が通っていた大学では、映像作品での卒論は初めてでしたが、指導教授が「映像で提出してもいいのでは」といってくださりました。

つづきは、こちらhttp://journalistnetannex.blog74.fc2.com/blog-entry-97.html

関連記事

  1. 田上長崎市長が松本外務大臣へ「北東アジア非核兵器地帯署名」を提出…
  2. おかあさんの被爆ピアノ
  3. 国際平和映像祭 2011 ピースボート賞決定!
  4. 【イベント案内】2月20日@長崎『被爆70周年を前に いま、私た…
  5. 5/1から開始「オンライン碑めぐりin Hiroshima」
  6. ながさき 平和への祈りコンサート
  7. ブラジルのニッケイ新聞にピースボート共同代表川崎哲のコメントが掲…
  8. 「被爆人形撤去 反対訴え」おりづるパートナー小盛早季菜さん、中国…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP